JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

鹿の数え方の単位は?トナカイの数え方の単位は?ヤギ(山羊)の数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも草食動物の代表といえる「鹿の数え方の単位や、トナカイの数え方の単位や、ヤギ(山羊)の数え方」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの草食動物に着目して「鹿の数え方の単位は?トナカイの数え方の単位は?ヤギ(山羊)の数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

鹿の数え方の単位は?

それでは以下で草食動物として代表的な鹿の数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、鹿の数え方の単位は基本的には「頭(読み方:とう)」「匹(読み方:ひき)」「蹄(読み方:てい)」を使用します。

頭と匹の使い分けは以下の通りです。

「頭」を使う対象は鹿の中でも「ある程度大きくなった鹿」に対して使用します。

一方で「匹」という単位を使用する場合では、赤ちゃんなどの小さいサイズの鹿に適用されます。ただ、厳密な使い分けの規定はないため、おおよその上の通りに使用していきましょう。

また古い鹿の数え方の単位として「蹄」というものがあるものの、今ではほぼ使わないため、このような数え方もある程度に理解しておくといいです。

トナカイの数え方の単位は?

さらには、鹿と同様に草食動物の代表であるトナカイの数え方の単位も確認していきましょう。クリスマスシーズンにもなるとトナカイを思い浮かべる人も多いでしょう。

結論からいいますと、トナカイの数え方も鹿と同じであり、単位に「頭」「匹」「蹄」を使用します。

つまりトナカイ1頭や1匹など数えていくわけですね。

上述のよう、トナカイがそもそも分類的に鹿と同じこと(シカ科)が、これらの数え方をする理由です。

なお、トナカイでも小さいサイズの固体には「匹」、大きいサイズの固体には「頭」を使用すると覚えておくといいですね。

ヤギ(山羊)の数え方の単位は?

続いて、鹿やトナカイと草食動物の代表の1種であるヤギ(山羊)の数え方の単位についても確認していきます。

結論からいいますとヤギ(山羊)の数え方も鹿やトナカイと同様に「頭」「匹」「蹄」を使用します。

また使い分けも、上の鹿やトナカイなどを同じで、小さいヤギには「匹」を、大きいヤギには「頭」を使用するといいです。

 

 

まとめ ヤギ(山羊)の数え方の単位は?アヒルの数え方は?

ここでは草食動物に着目して「鹿の数え方の単位は?トナカイの数え方の単位は?ヤギ(山羊)の数え方の単位は?」について解説しました。

鹿やトナカイなどの草食動物であれば基本的に数え方は同じと覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。