JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

ペンギンの数え方の単位は?ダチョウの数え方の単位は?アヒルの数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも鳥の中でも飛べない鳥に分類される「ペンギンの数え方の単位や、ダチョウの数え方の単位や、~の数え方」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの飛べない鳥に着目して「ペンギンの数え方の単位は?ダチョウの数え方の単位は?~の数え方の数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

ペンギンの数え方の単位は?

それでは以下で飛べない鳥として代表的なペンギンの数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、ペンギンの数え方の単位は基本的に「羽(読み方:わ)」を使用し、口語レベルでは「匹(読み方:ひき)」を使ってもいいです。

ペンギンは飛べないことで有名ですが、羽をもっていることや、鳥類に分類されることから、1羽、2羽と数えていくわけですね。

ただ口語レベルではペンギン1匹、2匹と呼ぶ人も多いため、今後はこちらが主流となる可能性もあるでしょう。

 

ダチョウの数え方の単位は?

さらには、ペンギンと同様に飛べない鳥であるダチョウの数え方の単位も確認していきましょう

結論からいいますと、ダチョウの数え方もペンギンと同じであり、単位に「羽」を使用します。

つまりダチョウ1羽、2羽と数えていくわけですね。

上述のよう、ダチョウが鳥類に分類されることや、羽があることが、この数え方をする理由です。

基本的に鳥類であればどのような特徴の鳥であっても「羽」で数えると理解しておくといいです。なお、ペンギンのように手に抱えられるレベルの小型のダチョウをイメージすることは少ないことから、ダチョウにて小さめのサイズの動物を数える単位の「匹」はあまり使用しませんね。

アヒルの数え方の単位は?

続いて、ペンギンやダチョウと同じように飛べない鳥の1種であるアヒルの数え方の単位についても確認していきます。

結論からいいますとアヒルの数え方もペンギンやダチョウと同様に「羽」や「匹」を使用します。

アヒルも飛べないといっても、鳥類ですし羽があるために、1羽、2羽と数えていくわけですね。

またアヒルも比較的小さいサイズが基本のことから口語レベルでは「匹」で数える人も多いです。

まとめ ダチョウの数え方の単位は?アヒルの数え方は?

ここでは身近な道具に着目して飛べない鳥に着目して「ペンギンの数え方の単位は?ダチョウの数え方の単位は?アヒルの数え方の単位は?」について解説しました。

ペンギンやダチョウなどの鳥類であれば基本的に数え方は同じと覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。