JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

帽子の数え方の単位は?ヘルメットやキャップや麦わら帽子やハットやニット帽など種類ごとの数え方を解説!

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近に使用する道具である「帽子」の数え方は意外と知られていないのですが、あなたは理解していますか。

ここではこの帽子に着目して「ヘルメット、キャップ、麦わら帽子、ハット、ニット帽」など帽子の種類別に解説していきますので、参考にしてみてください。

帽子の数え方の単位は?

それでは以下で帽子の種類別の数え方について確認していきます。

ヘルメットの数え方の単位は?【帽子の数え方】

まずは帽子の1種であるヘルメットの数え方の単位について解説していきます。ヘルメットはバイクや自転車に乗る時や工場で作業する時になど使用しますね。

結論からいいますと、ヘルメットの数え方の単位は「個(読み方:こ)」「つ」を使用するといいです。

基本的にヘルメットを始めとして、手に抱えられるレベルの大きさで、形状に大きな特徴がないもの(細くないなど)は1個や1つと数えると覚えておきましょう。

またお店などで売られているヘルメットとしては「点」で数えることもありますが、これは商品全般に適用される数え方の単位と理解しておくといいです。

 

キャップの数え方の単位は?【帽子の数え方】

続いて、帽子の中でもキャップの数え方の単位も見ていきましょう。キャップは前につばがついている帽子で、日常的なファッションから野球帽としても採用されていますね。

キャップの数え方の単位も「個」や「つ」を使うといいです。

なお、キャップの数え方が1個や1つなのも、理由は上のヘルメットの数え方の単位と同じであり、サイズが手に抱えられるレベル、形状に大きな特徴がないためといえますね。

キャップでも売られているものに対しては1点、2点とも数えます。

麦わら帽子やハットの数え方の単位は?【帽子の数え方】

さらには、麦わら帽子やハットの数え方の単位についても見ていきましょう。これらは被る部分が盛り上がっており、その周囲全体につばがついたような構造になっていますね。

麦わら帽子やハットの数え方の単位としても、キャップなどの帽子と同じといえ「個」「つ」を使用するといいですね。

理由は上と同じで、サイズがてに抱えられるサイズで、形状に大きな特徴がないためといえます。

 

ニット帽の数え方の単位は?

さらには、ニット帽の数え方の単位についても見ていきましょう。

ニット帽の数え方の単位は「個」「つ」「枚」を使用することが多いです。

時にニット帽は折りたたんだ状態では、お皿のように厚みが薄く、この厚さに対する面積が広いために、1枚、2枚と数えてもOKなのです。

 

まとめ ヘルメットの数え方の単位は?キャップや麦わら帽子やハットやニット帽など種類ごとの数え方を解説!

ここでは帽子に着目して「ヘルメット、キャップ、麦わら帽子、ハット、ニット帽」など帽子の種類別に解説しました。

帽子といっても種類によっては、数え方が若干変化すると理解しておくといいです。

さまざまなものの数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。