JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

うさぎの数え方の単位は羽か匹か頭か?ねずみの数え方の単位は?モルモットやハムスターの数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも小型の動物であるうさぎやねずみやモルモットやハムスターなどの数え方は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの小型の動物に着目して「うさぎの数え方の単位は羽か匹か頭か?ねずみの数え方の単位は?モルモットやハムスターの数え方は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

うさぎの数え方の単位は?羽や匹や頭か?一兎とも数える?

それでは以下で小型の動物として代表的なうさぎの数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、うさぎの数え方の単位は「羽(読み方:わ)」「匹(読み方:ひき)」「頭(読み方:とう)」「兎(読み方:と)」などを使用します。

うさぎの数え方の単位で羽を使用する理由

中でもうさぎの数え方として最も使用されるのが、1羽、2羽という数え方です。ただこの数え方の単位の由来は明らかにはなっていません。

この語源・由来については諸説あるものの、個人的にはうさぎの耳が羽のように見えるからという理由が一番しっくりきています。

これは鳥類に対して羽という単位で数えるのと同様に、特徴がある部分に着目して数え方が決まるのが、私は最も納得がいくからですね。

 

うさぎの数え方の単位で匹を使用する理由

なお、うさぎの数え方として羽の次によく使用される単位は「匹」ですね。

この匹という数え方は、動物全般に使用されるもので、中でも「手で抱えられるほどに小さめの動物」によく使います。

うさぎも基本的にはそのサイズは腕に乗るレベルで小型のために、この「匹」をよく使用するわけです。

 

うさぎの数え方の単位で頭を使用する理由

他にもうさぎを1頭、2頭と数えるケースもあります。

動物の中でもサイズが大きめのもの、希少な種類の動物、学術的な場面、その動物に対する尊敬の気持ちが強い場合、にこの「頭」という数え方が使われるのです。

そのため大きめのうさぎや、珍しいうさぎ、ウサギマニアの人がウサギをリスペクトしている場合の表現として「頭」で数えるわけですね。

この頭と匹の数え方の使い分けはウサギ以外でも使用しますので、この機会に覚えておきましょう。

うさぎの数え方の単位で兎を使用する理由

また文学的な表現としてうさぎを「兎(読み方:と)」で数えることもあります。

ことわざとして「2途を追うもの1兎も得ず」というものがあることからも、わかりますね。

このように動物名の漢字そのものが数え方の単位となっていることもありますので、併せて理解しておくといいです。

 

ねずみの数え方の単位は?

さらには、うさぎと同様に小型の動物であるねずみの数え方の単位も確認していきましょう

結論からいいますと、ねずみの数え方は基本的には「匹」を使用し、まれに「頭」を使用します。

つまりねずみ1匹、2匹と数えていくのです。

上述のよう、小型の動物に対しては「匹」をメインで使用するのが理由ですね。

またねずみを頭で数えるケースとしては、学術的な場面や、ねずみに対して敬う気持ちが強い場合に使用することがあります。

ただ口語レベルではねずみは匹にて数えましょう。うさぎとは違い、羽では数えない点にも気を付けるといいです。

 

モルモットやハムスターの数え方の単位は?

続いて、ねずみと同じように小型の動物のモルモットやハムスターの数え方の単位についても確認していきます。

結論からいいますとモルモットやハムスターの数え方は上のねずみと同様に「匹」「頭」を使用します。

使い分けもねずみ等と同じであり、基本的には「匹」を用い、学術や尊敬の気持ちが大きい場合にはモルモットやハムスターにも「頭」で数えるといいですね。

 

 

 

 まとめ ねずみの数え方の単位は?モルモットやハムスターの数え方は?

ここでは身近な小さい動物に着目して「うさぎの数え方の単位は?ねずみの数え方の単位は?モルモットやハムスターの数え方の数え方の単位は?」について解説しました。

中でもうさぎは特殊な数え方をすると覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。