JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

スプーンの数え方の単位は?ナイフやフォークの数え方は?おたまやれんげの数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近な道具の1つである「スプーンの数え方の単位や、ナイフやフォークの数え方の単位や、おたまやれんげの単位など」は知られているようであまり知られていないのですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの道具に着目して「スプーンの数え方の単位は?ナイフやフォークの数え方の単位や、おたまやれんげの数え方の単位など」について解説していきますので、参考にしてみてください。

スプーンの数え方の単位は?本や枚なども使う?

それでは以下でスプーンの数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますとスプーンの数え方の単位としては「本」を使用します。

これは基本的にスプーンだけでなく、特徴として「細いもの」の数え方は1本、2本となるためですね。

なおスプーンにはプラスチック製のものや金属製や木製のものなどさまざまありますが、どれでも「本」で数えると覚えておきましょう。

フォークの数え方の単位は?本は使う?

さらには、フォークの数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますとフォークの数え方の単位としても「本」あたりを使用するのが普通ですね。

フォークも上述のスプーンと同じように、細長い形状をしていますよね。

ここが特徴的なものとなるためにフォークであっても1本、2本と数えていくわけです。

数え方の単位はまず形状に特徴があるかどうかで判断するのも1つの手と理解しておきましょう。

 

ナイフの数え方の単位は?

さらにはスプーンやフォークと似たような食器であるナイフの数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますとナイフの数え方の単位は上の「本」に加えて、「挺(丁:ちょう)」を使うこともあります。ただ1本、2本(いっこう)で数えることの方が多いですね。

本で数えるのはナイフの細長い形状であるためです。

一方で、包丁の数え方にても記載しましたが「切断する機能のあるもの」には「挺(丁:ちょう)」で数えるため、ナイフもこの数え方の単位を使用するのです。

お玉の数え方の単位は?

さらにはお玉の数え方の単位についても見ていきましょう。鍋料理などで食器に移す際によく使うものです。

このお玉の数え方の単位も上と同様に「本」で数えます。まれに「柄」で数えるケースもありますね。

これはお玉の形状も、細長い形状が特徴のためです。なお、柄(持ち手)がついたもの全般の数え方としてそのまま「柄」という数え方をするため、お玉でもこの数え方をするのです。

ただ本が一般的で柄はほぼ使用しないと覚えておくといいです。

 

 

まとめ ナイフの数え方の単位は?鍋の数え方の単位は?

ここでは、スプーンの数え方の単位は?ナイフやフォークの数え方の単位や、おたまやれんげの単位に数え方の単位について解説しました。

どれも似ている言葉のため、この機会に各々の数え方を理解しておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。