JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

鍋の数え方の単位は?フライパンの数え方の単位は本か?釜の数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近な道具の1つである「鍋の数え方の単位やフライパンの数え方の単位など」は知られているようであまり知られていないのですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの道具に着目して「鍋の数え方の単位は?フライパンの数え方の単位は本か?釜の数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

鍋の数え方の単位は?本や枚なども使う?

それでは以下で鍋の数え方の単位について解説していきます。

従来から使用の底が深い鍋の数え方の単位は「個」または「つ」を使用します。

なお鍋といっても最近では底が浅い、フライパンのような鍋もあり、この場合では「枚」を使用するケースもあります。

これは、一般的に面が広いもの(ここに特徴がある)形状のものは「1枚、2枚」などと数えるためですね。

さらには電気鍋(保温機能などの電気的な機能が付いているもの)では数え方の単位で「台」を使用するケースもあると覚えておきましょう。これは鍋というよりも「家電」として捉えているために、このような数え方もするのです(基本的に電気的製品には台と使うことも多いため)。

フライパンの数え方の単位は?本は使う?

さらには、フライパンの数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますとフライパンの数え方の単位は「枚」「個」「つ」あたりを使用し、特に「枚」を使うのが基本です。

上述のように、フライパンのような面が強調される(面積が広い)ものの数え方の単位としては「枚」を使用するのが基本だからです。

他にも1個、2個などとも数えますね。

 

釜の数え方の単位は?

さらには上の鍋やフライパンと似た言葉の釜の数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますと釜の数え方の単位は「口」「個」「つ」あたりを使用します。特に1口(いっこう)、2口と数えることが多いです。

口語的な場面では1個、2個と釜を数えても全く問題ないですね。

 

 

まとめ フライパンの数え方の単位は?鍋の数え方の単位は?

ここでは、鍋の数え方の単位は?フライパンの数え方の単位は本か?釜の数え方の単位は?について解説しました。

どれも似ている言葉のため、この機会に各々の数え方を理解しておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。