JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

水筒の数え方は?ポット(電気ポットなど)の数え方の単位は?ケトルややかんの数え方の単位も【魔法瓶など】

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近な道具の1つである「水筒の数え方の単位(魔法瓶など)やポット(電気ポットなど)やケトルややかんの数え方の単位」は知られているようであまり知られていないのですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの道具に着目して「水筒の数え方の単位(魔法瓶など)は?ポット(電気ポットなど)の数え方の単位は?ケトルややかんの数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

水筒の数え方の単位は?魔法瓶では?

それでは以下で水筒の数え方の単位について解説していきます。

水筒の数え方の単位は「本」または「個」を使用します。

基本的に細長い物体に対して、1本、2本と数えることが多いために、水筒にも同様の数え方をするのです。

また、手で持てる程度の物体には「個」という単位を使うこともあり、水筒1個、2個と数えるケースもあります。

ただ一般的には「本」という単位を使用頻度の方が高いでしょう。

水筒と言っても魔法瓶やそうでないものもありますが、この機能の有無を問わず数え方の単位は同じですね。

 

ポット(電気ポット)の数え方の単位は?

さらには、ポット(電気ポット)の数え方の単位についても見ていきましょう。

基本的に、電気ポット(水を温めたり、保温したりできるもの)の数え方は「台」「個」「本」が一般的です。

サイズによっても最適なものは若干違い

・大きめのものでは「台」

・小さめのものには「個」

・細さが特徴の比較的小さいサイズのもの(水筒のようなレベル)には「本」を用いるといいです。

同じものでもサイズや形状によっても、数え方の単位が変化する場合もあると覚えておきましょう。

 

ケトルの数え方の単位は?

さらにはケトルの数え方の単位が何かについても見ていきましょう。

結論からいいますとケトルの数え方の単位は基本的に「個」で数えます。

また細めのケトルでは上述の理由から1本、2本と数えるとも覚えておきましょう。

なおサイズ自体がそれほど大きくないものがほとんどのため「台」はあまり使用しません。

 

やかんの数え方の単位は?

さらには、やかんの数え方の単位も見ていきましょう。

やかんの数え方としては、上のケトルと同様に「個」を使用するのが一般的です。

サイズがそれほど大きくなく、形状が細いなどの特徴もないためですね。

なお、細めの形状のやかんを1本、2本と数えることもあるものの、それほど使う場面はないと覚えておきましょう。

 

 

まとめ ポットややかんの数え方の単位は?【魔法瓶など】

ここでは、水筒の数え方の単位(魔法瓶など)は?ポット(電気ポットなど)の数え方の単位は?ケトルややかんの数え方の単位は?について解説しました。

どれも似ている言葉のため、この機会に各々の数え方を理解しておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。