JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

フルートの数え方は?リコーダーやクラリネットやサックスなどの木菅楽器の数え方の単位は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「フルートの数え方や、似た木菅楽器のフルートやリコーダーやクラリネットやサックスなどの数え方や読み方」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「フルートの数え方の単位は?似た木菅楽器のフルートやリコーダーやクラリネットやサックスなどの数え方や読み方は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

フルートの数え方の単位は?木菅楽器の数え方

それでは以下でフルート(木菅楽器)の数え方の単位やその読み方について解説していきます。

フルートの数え方の単位は厳密な定義はないものの「本(読み方:ほん)」を使うのが一般的です。

フルートのように細い楽器(やもの)に対しては基本的に数え方の単位として「本」を使う決まりとなっていることを覚えておきましょう。

なおフルートは楽器に息を吹き込む部分の横に、音の高さを調整する部分が来ることが大きな特徴ですね。

 

リコーダーの数え方の単位は?読み方は?

なお、フルートと同じ木菅楽器の中で学校などでなじみのある「リコーダー」の数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますと、リコーダーの数え方もフルートと同じであり、「本」を用います。

ソプラノリコーダーやアルトリコーダーなど種類はさまざまありますが、リコーダーであれば「本」という単位を使って数えていけばいいと覚えておきましょう。

 

クラリネットやサックスの数え方の単位は?読み方は?

続いて同じ木菅楽器のクラリネットやサックスの数え方の単位についても見ていきます。

上述していますように木菅楽器では、その細さ(棒のような形状)ゆえに「1本、2本」と数えるため、クラリネットやサックスであっても同様に「本」という単位を使用します。

このように木菅楽器の数え方の単位は基本的に1本、2本と数えると理解しておきましょう。

 

 

まとめ リコーダーなどの木菅楽器の数え方の単位は?

ここでは、フルートの数え方は?リコーダーやクラリネットやサックスなどの木菅楽器の数え方の単位は?について解説しました。

木菅楽器の数え方では弓に注目するのが基本と理解しておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。