JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

トランペットの数え方の単位は?トロンボーンやホルンやチューバなどの金管楽器の数え方は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「トランペットの数え方や、似た金管楽器のトロンボーンやホルンやチューバなどの数え方や読み方」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「トランペットの数え方の単位は?トロンボーンやホルンやチューバなどの金管楽器の数え方は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

トランペットの数え方の単位は?金管楽器の数え方

それでは以下でトランペット(金管楽器)の数え方の単位やその読み方について解説していきます。

トランペットの数え方の単位は厳密な定義はないものの「本(読み方:ほん)」を使うのが一般的です。

トランペットなどの比較的細い楽器(やもの)に対しては基本的に数え方の単位として「本」を使う決まりとなっていることを覚えておきましょう。

そのため、トランペットを始めとした金管楽器全般の数え方では1本、2本となります。

 

トロンボーンの数え方の単位は?読み方は?

なお、トランペットと同じ金管楽器の中でも、サイズが少し大きいトロンボーンの数え方の単位についても見ていきましょう。

結論からいいますと、トロンボーンの数え方もトランペットと同じであり「本」を用います。

トロンボーンは大きいもののその形状はやはり「細い」ため、トランペットと同様に本を使うわけですね。

 

ホルンやチューバの数え方の単位は?読み方は?

続いて同じ金管楽器のホルンやチューバの数え方の単位についても見ていきます。

上述していますように金管楽器では、その細さ(棒のような形状)ゆえに「1本、2本」と数えるため、ホルンやチューバであっても同様に「本」という単位を使用します。

なお、ホルンは巻いてあることからその数え方の単位に「巻」とつくと考えている人もいますが、上述のよう「本」が基本と理解しておくといいですね。

このように金管楽器であれば、数え方の単位は基本的に1本、2本と数えると理解しておきましょう。

 

 

まとめ トロンボーンやホルンやチューバなどの木菅楽器の数え方の単位は?

ここでは、トランペットの数え方の単位は?トロンボーンやホルンやチューバなどの金管楽器の数え方は?について解説しました。

金管楽器の数え方では基本的に「本」を使うと理解しておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。