JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

ガムテープの数え方は本か?セロハンテープなどテープの数え方も併せて解説!【カセットテープやビデオテープも】

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「ガムテープの数え方や、セロハンテープ、カセットテープ、ビデオテープなどのテープ関係の数え方の単位」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「ガムテープの数え方は本か?セロハンテープ、カセットテープ、ビデオテープなどのテープの数え方の単位」について解説していきますので、参考にしてみてください。

ガムテープの数え方は本か?【テープ関係の数え方の単位】

それでは以下でガムテープなどのテープ類の数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、ガムテープの数え方の単位は厳密な定義はないものの「本」「個」「巻(読み方:かん)」を使うのが一般的です(ただ、個は口語的な表現)。

「本」という数え方の単位は基本的に細長いものに使用しますが、これはガムテープを伸ばすと非常に長い1本のテープと見なせることが由来と推測できます(巻いてあるガムテープを伸ばすとかなり細い長いものになりますよね?)。

また、「個」という単位はそれほど大きくない手で持てるレベルのものに対してよく使うために、ガムテープ1個、2個と口語レベルで普通に使用します。

さらには、ガムテープはそれが巻いてあることから、数え方としても「巻」を使用することもあるのです。

なお、ちぎった後のガムテープでは1片と数えることもあります。

 

セロハンテープの数え方の単位は?【テープの数え方】

続いて、テープの中でもセロハンテープの数え方の単位についても見ていきましょう。

セロハンテープの数え方もガムテープと同様であり、「本」「個」「巻」を使うのが一般的です(ただ、個は口語的な表現)。

セロハンテープの数え方の単位に各々を使用する理由はガムテープと同じです。

また、同様に切断した後のセロハンテープの数え方は「片」を使うと覚えておきましょう。

片は「かけら、一部」という意味があるので、理解しやすいと思います。

 

カセットテープの数え方の単位は?【テープの数え方】

続いて、テープといってもカセットテープの数え方について知りたい人も多いです。

カセットテープの数え方も、上のガムテープなどと同じで「本」「個」「巻」を使用しましょう(ただ、個は口語的な表現)。

これはカセットテープの中身自体が、上のテープと同じでフィルムが巻かれた構造になっているためですね。

似たような形状のため、同じ数え方の単位となるわけです。

 

ビデオテープの数え方の単位は?【テープの数え方】

さらには、カセットテープよりも大きめのビデオテープの数え方について知りたい人も多いです。

ビデオテープの数え方も、上のカセットテープなどと同じで「本」「個」「巻」を使います(ただ、個は口語的な表現)。

これはビデオテープは単純にカセットテープのサイズが大きくなってようなものであるのが理由です。

 

なお、生活・文房具・事務用品関係の数え方はこちらでまとめているため、併せて確認してみてくださいね。

 

まとめ テープの数え方は?セロハンテープやガムテープやカセットテープなどの数え方の単位は?

ここではガムテープの数え方は本か?セロハンテープ、カセットテープ、ビデオテープなどのテープの数え方の単位について解説しました。

テープといっても種類がいくつかあるものの、各々の数え方はほぼ同じと覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。