JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

木の数え方は?林や森の数え方の単位は?木の年輪の数え方も併せて解説!

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも木や林や森の数え方の単位はあまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「木や林や森の数え方の単位や、木の年輪の数え方」などについて解説していきますので、参考にしてみてください。

木の数え方の単位は?年輪や枝などの数え方も

それでは以下で木の数の数え方の単位について確認していきます。

結論からいいますと、木の数の数え方の単位は「一般的にイメージする大きいもの」に対しては「本」「樹」「木」などを使用しますが、一般的には~本を使用します。

なお、木といっても種類がいくつかあり、上述のような高い木ではなく低く・小さい木(ちょっとした庭にあるようなもの)では「株」という単位を用いることもあります。

野菜でもこの株が使われることがあり、この野菜のような位置づけに近いとも判断できますね。

さらには1群などと数える場合もあるものの、基本的には上の「本」か「株」を用いる場合が多いと理解しておきましょう。

木の年輪の数え方は?

 

 

木の枝の数え方は?

 

 

林の数え方の単位は?

続いて、木よりも少し範囲が広い・大きいまとまりといえる林の数え方の単位についても見ていきましょう。

実は林の数自体を数える機会はほとんどないため数え方の単位はあまり知られていませんが「つ」「面」「箇所」「むら」などの単位を使用します。

厳密な規定はないため、上のむら以外であれば、どの呼び方であっても一般的に通じます。そのため通常の会話の場面では、

ただ上述のように木が多く集まった単位の林の個数を数えるケースは少ないため、上のような数え方の単位があると覚えておく程度でいいでしょう。

 

 

森の数え方の単位は?

さらには、林よりも広範囲にわたる木の集まりの「森」についても見ていきましょう。

森の数え方の単位としては林と同様に「つ」「面」「箇所」「むら」あたりを使用するといいです。こちらも厳密な数え方の決まりはありませんが「むら」以外のどれかを使用すればコミュニケーションがとれますね。

 

このように木、林、森などの似ている用語であっても数え方には違いが出てくるため、この機会に理解しておくといいです。

 

まとめ 林の数え方や森の数え方は?木の枝や年輪の数え方も

ここでは、木や林や森の数え方の単位や、木の年輪の数え方について解説しました。

数え方の単位は覚えにくいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまなものの数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。