JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
未分類

ハンガーの数え方は?ハンガーラックの数え方の単位は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でもハンガーやハンガーラックの数え方の単位はあまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「ハンガーやハンガーラックの数え方」などについて解説していきますので、参考にしてみてください。

ハンガーの数え方の単位は?

それでは以下でハンガーの数え方の単位について確認していきます。

結論からいいますと、ハンガー自体の数え方の単位は「本」を使用します。つまりハンガー1本、2本などと表現するわけです。

基本的に細いもので構成されていたり、そのものが細かったりする場合には「本」という単位で数えることが多いと覚えておきましょう。

 

ハンガーラックの数え方の単位は?台や基?【ハンガー掛け】

さらには、ハンガーをかけるハンガーラックの数え方の単位についても確認していきます。

結論からいいますと、ハンガーラックの数え方は「台」や「基」を用います。ハンガーラック1台、2台や1基、2基と数えるのです。

ハンガー自体をかける台(棚)のようなものであるため、その数え方の単位も「台」やこれに近い表現の「基」を使うとイメージしておきましょう。

ちなみにハンガーラックは以下のようなものです。

 

ハンガーラックのフックの数え方は?【ハンガー掛けのフックの数】

なお、ハンガーラックといっても1本がつながった形状ではなく、複数のフックが取り付けられているものもあります。

このハンガーラックのフックの数え方について知りたい方もいることでしょう。

このハンガー掛けのフックの数え方の単位は「連」です。

つまりハンガーラックのフックが2連、3連などというわけですね。

ある1個の土台のようなものの中に含まれている構成物の単位を数える時には、この「連」という単位を使うことがしばしばあるため、この機会に理解しておくといいです。

 

まとめ ハンガーの数え方の単位は?ハンガーラックの場合の数え方は?

ここでは、ハンガーの数え方は?ハンガーラックの数え方の単位、さらにはそのフックの数の数え方について解説しました。

・ハンガーの数え方:本

・ハンガーラックの数え方:台、基

・ハンガーラックのフックの数え方:連

となります。

数え方の単位は覚えにくいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまなものの数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。