JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

椅子の数え方は?ベンチ(長椅子)・パイプ椅子・オフィスチェアの数え方も解説!

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「椅子の数え方や、ベンチ・パイプ椅子・長椅子・オフィスチェアハンガーの数え方の単位」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「椅子・ベンチ・パイプ椅子・長椅子・オフィスチェアハンガーやハンガーラックの数え方の単位」について解説していきますので、参考にしてみてください。

椅子の数え方の単位は?

それでは以下で一般的な椅子の数え方の単位について確認していきます。

結論からいいますと、一般的な脚のある椅子の数え方の単位は「脚」を使用します。つまり椅子が1脚、2脚などと表現するわけです。

ただ脚がない椅子(旅館などの和室にある椅子など)の場合では脚という単位は使用せずに、「個」や「台」を使うと覚えておきましょう。

ただ椅子を台と数えるケースとしては、マッサージチェアや床屋の座るもののように「大型の椅子」を指す場合が多いと理解してくといいです。

脚がある椅子の場合では、そのままの表現といえるため覚えやすいですね。

 

ベンチの数え方の単位も脚か?【長椅子】

さらには、ベンチ(長椅子)の数え方についても確認していきます。

ベンチ(長椅子)といってもその種類はさまざまで数え方の単位も変化し、

・椅子をちょっと長くしたようなベンチ(2人掛け程度のもの)で移動できるものであれば「脚」(や「個」)

・公園や駅のホームなどで完全に固定されているものでは「基」

を使用するのが一般的ですね。

固定されているものについては単位の「基」が使用される可能性が高いと理解しておくといいです。

 

パイプ椅子の数え方は?

なお、キャンプなどで使用するパイプ椅子(簡易的な椅子)の数え方の単位を知りたい人もよくいます。

パイプ椅子であっても、基本的には脚(のような土台)によって座る部分が支えられていることから、数え方の単位には「脚」を使うのが普通です。

ただ、折りたたんで運ぶこともあり形状が変化することかた、現代では「個」などの単位も使用する場合も多くなっているため、状況に応じて柔軟に使い分けるといいです。

 

オフィスチェアの数え方は脚?

なお、オフィスにある椅子(いわゆるオフィスチェア)の数え方について知りたい方もよくいます。

結論をいいますと、オフィスチェアであってもその数え方の単位には「脚」を使うのが普通です。

オフィスチェアでは脚の変形verのようなものがありますが、これは基本的には脚の1種と見なされるために、通常の椅子と同様に数え方の単位として「脚」が使用されるわけですね。

 

まとめ ベンチの数え方の単位は脚か?パイプ椅子やオフィスチェアなどでは?

ここでは、椅子(ベンチ・パイプ椅子・長椅子・オフィスチェア)数え方の単位について解説しました。

数え方の単位は覚えにくいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまなものの数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。