JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

ギターの数え方は台や本?ギターの弦の数え方は?ウクレレやエレキギターやアコギの数え方の単位は?

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「ギターの数え方は台や本?ギターの弦の数え方は?ウクレレやエレキギターやアコギの数え方の単位は?」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「ギターの数え方は台や本?ギターの弦の数え方は?ウクレレやエレキギターやアコギの数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

ギターの数え方の単位は台や本?エレキギターやアコギの数え方の単位は?

それでは以下でギターの数え方の単位について確認していきます。

結論からいいますと、ギターの数え方の単位は主に「本」を用います。

これはエレキギターでも、アコースティックギター(アコギ)でも同様です。基本的に細いものの数え方として「本」という単位を使用し、ギターも柄の部分が細いことからこのような数え方をするといえます。

ただ、エレキギターの数え方としては「台」という単位も用いることもあります。電気的な製品の数え方としては「台」を使用するケースがよくあり、これとおそらく統一されていると推測できます。

 

ギターの弦の数え方は?アコギやエレキギターでは?

さらには、ギターそのものでなく、ギターの弦の数え方についても見ていきましょう。

結論からいいますと、ギターにある6本の弦の中でも最も細いものが1弦であり、そこから順に数えていき、6弦が最も太い弦に相当するのです。

なお、この規則はアコースティックギター(アコギ)でもエレキでも同じと理解しておくといいです。

細い方から順に番号が増えていく数え方が、ギターの弦の数え方と覚えておきましょう。

 

ウクレレの数え方は?

なお、ギターと似た弦楽器にウクレレがあります。

ウクレレの数の数え方の単位は「本」または「台」を使用するのが一般的です。

ただ、ギターも同様ですが、厳密な数の数え方は定義されているものではなく、時代によって少しずつ変化していくため、その時に多く使用されている単位に合わせていくのが無難ですね。

 

 

まとめ ウクレレの数え方の単位は?アコースティックギターやエレキギターの数え方は?

ここでは、ギターの数え方は台や本?ギターの弦の数え方は?ウクレレやエレキギターやアコギの数え方の単位は?について解説しました。

数え方の単位は覚えにくいものが多いため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまなものの数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。