生活全般

塩20gは大さじや小さじ何杯(どのくらい)?何ccで何mlか?

私たちが生活している中で「塩」を使う頻度は高いですよね。

そのため、この塩20gは何ccで大さじ・小さじで何杯か(どのくらい)?何ccで何mlか?などを知りたい場合も良くでてきます。

私自身もそうですね(^^)/

そんなこともあり、以下では塩20gは何ccで大さじ・小さじで何杯(どのくらい)か?何ccで何ml(ミリリットルか)?についてまとめていますので、参考にしてみてください。

塩20gは大さじ何杯(どのくらい)か【何ccで何ml?】

それではまず塩20gが何㏄(何ml)で大さじ何杯(どのくらい)なのか?について確認していきます。

結論からいいますと、塩自体の種類、製品の個体差、保存状態などによって若干変化はするものの、塩20gは大さじ約3分の4杯(約1.33杯)です。

順を追って説明していきます。

まず、一般的な塩のかさ密度(空気分なども含んだ実際に扱う際の密度)が約1g/cc程度のため、塩20gは約20cc(20ml)に相当します。

さらに、塩だけに限った話ではなく、大さじ1の容量は15cc(15ml)であることから、

計算式: 20 ÷ 15 = 約1.33(4/3)杯

が大さじ換算値となるのです。

塩20gは小さじ何杯か【何ccで何ml?】

さらに、塩20gが何㏄(何ml)で小さじ何杯なのか?について確認していきます。

結論からいいますと、塩20gは小さじ約4杯に相当します。

上にも記載のよう塩20gの体積は約20cc(20ml)ほどです。

さらに塩だけに限らず小さじ1の容量は5cc(5ml)。

そのため、

計算式:20 ÷ 5 = 約4杯

が塩20gの小さじ換算値となるのですね。

 

塩20gの塩分量は?

さらに塩20gの塩分量について知りたい場合もあるでしょう。

結論からいいますと、塩20gの塩分量はそのまま20gほどです。

塩のほぼ100%はいわゆる塩分(塩化ナトリウム)のため、重さ≒塩分の量に相当するわけですね。

塩20gの見た目は?どのくらいか?

塩20gを測れない状況にある場合は、ざっと「塩20gの見た目がどのくらいか?」知りたいこともあるでしょう。

結論として、塩20gはやはり見た目だけでは判断が難しいです。

そのため「ざっくりでも一応計測する」のがおすすめです。

ペットボトルキャップはおおよそ5cc(5ml)であり、は多くの場合準備できると思います。このキャップ2杯分が塩20グラムに相当すると覚えておきましょう。

 

関連記事として

塩30グラムは大さじ・小さじで何杯(どのくらい)か?はこちら

塩15グラムは大さじ・小さじで何杯(どのくらい)か?はこちら

で解説のため、参考にしてみてください。

 

まとめ 塩20gは小さじや大さじで何杯?

ここでは、塩20gは大さじや小さじ何杯(どのくらい)?測り方やどのくらいの見た目かも解説!【何ccか】について確認しました。

どれも重要なパラメータなので、この機会に覚えておくといいです。

塩20gをはじめとして様々な知識を身に着けることで、日々の生活をより快適にしていきましょう。