JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

指輪の数え方の単位は本か?ネックレスやイヤリングの数え方は?ブローチやブレスレットやネクタイピンは?【アクセサリーの数え方】

私たちが普段何気なく生活している中で、さまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なアクセサリーの1つである指輪の数え方の単位や、ネックレスやイヤリングの数え方、ブローチやブレスレットやネクタイピンの数え方の単位は意外と勘違いしていることも多いですが、あなたはきちんと理解していますか。

ここではこれらのアクセサリーに着目して「指輪の数え方の単位は本か?ネックレスやイヤリングの数え方は?ブローチやブレスレットやネクタイピンは?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

指輪の数え方の単位は本か?【アクセサリーの数え方の単位】

それでは以下で指輪の数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、指輪の数え方の単位は「個(読み方:こ)」を使うのが一般的です。

手に持てるサイズ感で形状に特徴があまりないものにはこの「個」を使うことが多いと覚えておきましょう。

宝石店で商品数を数える場合や、個人の所有数を数える際には「点」を使います。

 

ネックレスの数え方の単位は?【アクセサリーの数え方】

続いてネックレスの数え方の単位について解説していきます。

ネックレスの数え方の単位は「本(読み方:本)」を使うのが一般的です。

紐や縄のように長いものは「本」という単位で数えるため、ネックレスも基本は「本」で数えます。

販売している商品数や個人の所有数などを数える際には「点」を使用する場面も多いです。

また、真珠や天然石などを連ねて、ひと続きにしたネックレスの場合は「連」を使用します。重ね付けする際には「2連、3連」となります。これは数珠の数え方と同じです。

 

イヤリングの数え方の単位は?ピアスの数え方は?

さらに、イヤリングの数え方の単位についても見ていきましょう。

結論から言いますとイヤリングも上述の指輪と同じように数え方の単位は「個」を用います。

大きなリング状のものや長さのある装飾が施されているものは「本」を使用する場合もあります。

ただしイヤリングは左右2個セットで使用するものなので、左右そろえて「組」「対」と数える場面が多いです。

商品数や所有数を表す時には左右2つを併せて「点」を使用します。

ピアスも同様に数えます。

 

ブローチやブレスレットやネクタイピンの数え方の単位は?

ブローチやブレスレットやネクタイピンも指輪と同様、基本的には「個」または「点」を用いて数えます。

また、ブレスレットは輪になった形状から「本」を使用して数えます。腕に巻き付けるものとして、腕時計も同様に「本」を使い数えます。

ネクタイピンは「ピン」という語感や形状などから「本」も使用します。

 

まとめ ネックレスの数え方の単位は?指輪は?ブローチやブレスレットやネクタイピンでは?

ここでは指輪の数え方の単位は本か?ネックレスやイヤリングの数え方は?ブローチやブレスレットやネクタイピンは?(アクセサリーの数え方)について解説しました。

アクセサリーは形状や対になっているかどうかによって数え方が変わることが分かりましたね。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。