JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

亀の数え方の単位は?亀の年齢の数え方は?カエルの数え方の単位は?お玉杓子の数え方は?【カメの数え方】

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも爬虫類の代表ともいえる「亀の数え方やその年齢の数え方や、カエルの数え方の単位や、その子供のおたまじゃくし(お玉杓子)の数え方の単位」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらの爬虫類に着目して「亀の数え方の単位やその年齢の数え方は?カエルやお玉杓子の数え方の単位は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

亀の数え方の単位は?亀の年齢の数え方は?

それでは以下で爬虫類の代表ともいえる亀(カメ)の数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、亀の数え方の単位は「匹(読み方:ひき)」か「頭(読み方:とう)」を使用するのが一般的です。

亀に対する数え方の「匹」と「頭」の使い分けとしては

・匹は小さめの亀に使用すること場合が多い(赤ちゃん亀など)

・頭は大きめの亀や、尊敬の気持ちが亀に対してある場合、希少な亀に対して使う

と理解しておきましょう。

例えば亀のマニアの方などでは、亀全般に対するリスペクトの念があるために「頭」を使う場合が多いのです。

亀の年齢の数え方や調べ方は?

続いて今度は亀の数の数え方ではなく「亀の年齢の数え方」を説明していきましょう。

基本的に亀の年齢も私たちと同じように生まれてから1年経てば1歳、2年経てば2歳という流れで数えていきます。記載の通り単位には「歳」を使用するといいです。

しかしながら亀の1年と私たちヒトの1年では、各々の体感的な長さが大きく違います。

これは亀の寿命が

・一般的な亀(クサガメ)では約40年
・最も長い大型の亀では約175年ほど

のためです。

種類によって生きる年月の差があるものの、人間と比較すると、ヒトは約80年ほど生きられることから、その体感年齢としては約0.5~2倍と考えていいです。

つまり亀の1歳は人間における約0.5~2歳ほどと数えていきましょう。平均すると人間と同等か少し短いくらいといえるでしょうか。

また、亀の年齢の調べ方としては甲羅にできる模様の線の数を確認するといいです。基本的に亀が小さいころ(種類にもよりますが0~10歳ほど)では、木の年輪のように甲羅の模様が年齢とともに作られていきます。

その数が1本であれば0歳、2本であれば1歳などと判断できるのです。ただ5~10年以上経つと傷などによってこれが見えにくくなるため、判別できなくなると覚えておきましょう。

カエルの数え方の単位は?【蛙の数え方】

さらには、亀と同じ爬虫類の代表であるカエル(蛙)の数え方についても確認解説していきます。

結論からいいますと、カエル(蛙)の数え方の単位は「匹(読み方:ひき)」を使用するのが基本です。

カエルの数え方が一般的に「匹」だけなのは、おそらくですがそのサイズが小さいものがほとんどなためといえるでしょう。

 

 

まとめ カエルの数え方の単位は?亀の数え方の単位は?

ここでは、代表的な爬虫類である亀の数え方の単位やその年齢の数え方は?カエルやお玉杓子の数え方の単位は?について解説しました。

亀やカエルなどの爬虫類の数え方はややこしいものが多いので、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。