科学

sin60度やsin120度の値はいくら?分数や少数表記

数学における三角関数などの分野は苦手な人が多い印象です。

基礎的な計算でつまずく人もなかなかいるため、しっかりと理解したいものです。

この記事では、特に「sin60度、sin120度」に着目して、各々の値や単位円を用いた出し方」などについて解説していきますので、参考にしてみてください♪

sin60度の値や単位円での出し方

それでは以下でsin60度の値や単位円(半径1の円)を用いた出し方について解説していきます。

まずsin60度の値は分数では「√3/2」、少数では約0.866(約1.732÷2)です。

単位円を用いる比較的覚えやすいです。

具体的にsin(サイン)は単位円におけるyの値(高さ÷斜辺の長さ1)を示しており、sin60度では√3/2となるわけです。

なお、サインコサイン関連でよく出てくる値として、

、1/2

、√2/2

、√3/2

があり、代表角であれば(30,45,60度や関連角度)どれかに対応するため、併せて覚えておきましょう。

sin120度の値や単位円での出し方

さらにはsin120度の値もチェックしていきましょう。

結論からいいますと、sin150度の値も分数表記で「√3/2」、少数表記で「約0.866(約1.732÷2)」となります。

こちらも単位円を用いるとわかりやすいです。

具体的には、sinなのでyの値に着目すると、sin120度はsin60度の同じ位置にくるのがわかりますね。

実はsinθ=sin(180-θ)という関係があることからも、上が導出できるのです。

 

関連記事

sin30度やsin150度の値はいくら?分数や少数表記

sin30度やsin150度の値はいくら?分数や少数表記数学における三角関数などの分野は苦手な人が多い印象です。 基礎的な計算でつまずく人もなかなかいるため、しっかりと理解したいものです...

まとめ sin120度の値はいくら?分数や少数表記

ここでは、sin60度やsin120度の値はいくら?分数や少数表記について解説しました。

sin60度もsin120度も分数表記で√3/2となります。

三角関数に関する知識を身につけ、数学を得意にしていきましょう。