生活全般

大人が英検を受験するのは恥ずかしいと感じる場合の克服方法を解説

大人になっても普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することはありますよね。

たとえば「自分が大人になって英検(実用英語技能検定)の受験をするのは恥ずかしいけど、チャレンジしたい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの大人が英検を受けるのは恥ずかしいと思っていたけれど、これらを克服して実際挑戦した人たちに「乗り越えるためのポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

 大人が英検を受けるのは恥ずかしいと感じていた人のの克服方法の口コミ1

それでは以下で20代女性からの「大人になって英検を受けるのが恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

英検は主に小学生〜高校生が受験するイメージがあったので、周りの受験生や試験官の人たちにどう思われるのか不安になりがちでした。

解決策として、私は

①周りはそれほど気にしていない。

②自分は自分だと割り切る。

③今が1番若いと考える。

ということを考えるようにしました。

周りの受験生も自分と同様に緊張していたりするため、他の人のことを気にする余裕がなく、案外なんとも思っていないことが多いと思います。

また、自分と周りを比較しても、そもそも違う人間なので比べようがないです。

それに、今やらなかったらどんどん後になり、当然今よりも歳をとってもっと恥ずかしいと思う気持ちが強くなるでしょう。

こういったマインドセットをもって受験に挑むと自然と落ち着いて過ごせるので、前日や当日に頭の中や、声に出して唱えてみると良い結果になりますよ。 

大人が英検を受けるのは恥ずかしいと感じる人の克服方法の口コミ2

続いて30代女性からの「大人になって英検を受けるのが恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

確かに英検は小学生から受けていたので、大人になってから受けると言うイメージはあまりありません。ただ、会社の資格支援制度の中にも英検は含まれていたので、学生だけの試験、資格では無いように感じています。

英検には面接試験もあり、筆記のみのTOEICよりむしろ実践性があると思います。小学生、中学生レベルの英検を大人が受けるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、準2級以上はそれなりに難易度も上がってくるので「学生だけが受ける試験ではない」ということを伝え、堂々と試験に挑めばいいと思います。

また、一緒に試験を受ける人たちの大半が若い学生たちだったとしても、彼らとはおそらくもう二度と会わないので、自分のステップアップとして、周りは気にせず自分のことだけを考えて試験に挑めばいいと思います。

これが私が思う大人が英検を受けるのが恥ずかしいと感じる場合の対策です。

 大人が英検を受けるのは恥ずかしいと感じる場合の克服方法の口コミ3

続いて20代女性からの「大人になって英検を受けるのが恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

今は小学校から(場所によっては幼稚園・保育園から)英語の授業を取り入れていますけど、20代後半以上の大人は、ほとんどの方が中学校から英語教育を受けたと思います。

今の日本は英語教育に力を入れているのに、力を入れている大人側が英語ができないのは恥ずかしいかなと焦ってしまいます。

私も娘が生まれて英語教育どうしようと思うと同時に「大きくなって英語について質問されたときに答えられないの恥ずかしいし娘に申し訳ないよね」と思うようになりました。

英語はずっと苦手意識があり、中学英語も怪しいのですが、娘のために勉強して英検受けておきたいなと思っています。

大人が英検を受けるのは恥ずかしいことでもなんでもありません。むしろ私はかっこいいなと思います。

もし周りにバカにしてくるような人がいたら、「この人は嫉妬で言ってきてるだけだ」と思って、気にしないことが一番だと思います。

 

大人が英検を受けるのは恥ずかしいと感じる場合の克服方法の口コミ4

続いて40代男性からの「 大人になって英検を受けるのが恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

日本でも企業のグローバル化が目まぐるしい勢いで進んでおり、数ある資格の中でも特に企業が欲しがっているのは英検ではないでしょうか。

海外へ物を輸出している企業は多数存在し、海外へ工場を展開している企業も数えきれないくらいあります。そんな企業では海外から現地法人スタッフが来た際は、当然「英語で会話する」必要があり、その際英検のスキルを持っていると周りから注目されるはずです。

英検のスキルを持っていると、求人応募時も年収が高い企業に応募でき、海外勤務も現実的になってきます。趣味で学ぼうとしている方も、英検を取得することによりテレビや映画でも日本語訳は必要とせず、本当の意味を知ることが出来ます。

ですので「大人で英検を受けるのは恥ずかしい」などとネガティブな考えを持つのではなく、自分の将来のため・取得した後の夢や希望を想像しましょう。

周りを気にする必要はありません。英検に合格することだけに集中して頑張ってください。

 

まとめ  大人が英検を受けるのは恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説!

ここでは、大人になって英検を受けるのが恥ずかしいと感じている方の克服方法の詳細を紹介させていただきました。

英検の恥ずかしさを乗り越えれば、新しい世界が広がるはずです。

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓