生活全般

大人がトミカやミニ四駆をするのが恥ずかしく感じる場合の克服方法を徹底解説

大人になっても普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することはありますよね。

たとえば「大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしいと感じてしまうけれど、克服して堂々と楽しみたい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「大人がトミカやミニ四駆は恥ずかしい」と自身で思っていたけれど、これらを克服して楽しめている人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

 大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ1

それでは以下で30代男性からの「大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

大人が1人でショッピングモールの子供向けの売り場や、ミニ四駆のコースが置いてあるお店に行くと、小さい子供や子連れの親の視線を感じ、周りの人にどういう風に思われているのだろうと気になりなかなか夢中で遊べません。 

その解決策として、トミカを買いに行く場合は自分や身内、又は気心の知れている友人の子供と売り場へ買い物に行けば周りの目はさほど気になりません。 

一緒に付き添ってくれたお礼に好きなトミカを1台買ってあげたり、フードコート等で食べたい物をご馳走してあげることでまた次回も誘いやすくなり、相手もそこまで嫌な気持ちも無く付き合ってくれると思います。 

ミニ四駆を買いに行く、又は走らせに行く場合、やはり日頃から仲の良い友人を数人誘って一緒に遊ぶことが良いと思います。 

1人で遊びに行く時よりも恥ずかしさはもちろん、楽しさも全然違います。自分に子供がいる場合、友人と一緒に遊びに行く仲間に入れて連れていくのも効果的です。ミニ四駆を知らない子供には新鮮な遊びになると思います。

大人と子供では夢中になる熱量が大きく違う場合がありますが、飽きたら一緒に来ている仲間で交代で子守りも出来ます(笑) 

大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ2

続いて40代女性からの「 大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私は女ですが、トミカの収集が好きです。

元々車が好きだったことがきっかけで、たくさんの車種があるトミカにハマりました。

最初は息子とお店に行きトミカを購入してましたが、もう20歳も超えた息子とお店に行く訳にも行かなくなりました。

ネットで大人買いすれば恥ずかしくないのでは?とも思いますが、欲しいトミカが発売される時を狙って行くので、その場で1個買うのが楽しみです。実際、目で見て買いたいですしね。

売り場に小さいお子さんがいる中、良い大人がトミカを物色してる光景は本当にまわりの人の目が冷たいような気がします。

そこで色々考えた結果、小さい子がトミカを見ている時に購入するという解決策を見つけました。

1人でトミカを物色してるのは恥ずかしいので、小さい子がトミカを手に取り遊んでいる時を見計らって自分の好きなトミカを購入すると、まわりからは冷たい目で見られてないように思えます。

変な解決策ですし自己満足なだけかもしれませんが、私はこの方法で好きなトミカを集めることが出来ています。

 大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ3

続いて30代女性からの「大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

おもちゃ屋さんやトミカ博などのイベントに行き、子供たちに混じって楽しんでいたらいつの間にか恥ずかしさも忘れてしまいますよ。意外とそういう場所やイベントには大人も趣味として来ていることが多いものです。

また自身に子供がいれば一緒に行って楽しめますし、子供へのプレゼントついでに自分の好きなものを買ったりすることも堂々とできます。

子供がいなくても、親戚へのプレゼントという体でカモフラージュが可能です。某ファーストフードの子供向けオマケで関連したものがあると、子供に買ってあげる親ってことでゲットしてきました。

案外と同じような方法でさりげなく収集し、趣味として楽しんでいる人は多いかもしれません。繰り返すうちに恥ずかしさは気にならなくなるでしょう。

大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ4

続いても30代女性からの「 大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

もともと車が好きだったのでコレクションしたいなと思っておりましたが、子供ばかりのしかも男の子ばかりのおもちゃ売場に行くのは気が引け、手を出せずにいました。

しかし結婚し、男の子が産まれたときは子供を言い訳に堂々とトミカに手を出せると嬉しく思いました。我が子も主人と私の影響で無事に車が好きな子に育ち、案の定トミカを欲しがる年齢になりました。

おもちゃ売場に行ってみると、通常のトミカが置いてある棚のそばに黒い高級感のある箱のトミカも置いてあり、調べてみると大人向けの商品であることがわかりました。

メーカーから発売されているということは、私の他にも大人だけどトミカが欲しい人がいて需要がある事がわかり嬉しかったです。

また、オークションサイトなどを見ても希少価値の高いトミカは高値で取引されており、決して子供だけのものではなく大人が楽しんでも良いものなのだと気がつきました。

それ以降はリビングの見えるところに堂々とお気に入りのトミカ達を飾っています。

大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ5

続いて40代女性からの「大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

子どもの頃から兄の影響でミニ四駆が好きで、自身でも改造やペイントなどを行って楽しんでいました。

もちろん周りに同じ趣味の仲間はおらず、ずっとひとりで楽しんでいたのですが、SNSが流行りはじめてから同じ趣味の方と交流を持てるようになり、老若男女関わらずオンライン上で友人が作れるようになりました。

それから自宅近くの大きな玩具店にレース場があることを知りそちらにも出かけるように。

そこでは子どもから大人までいろんな世代のミニ四駆好き達がいたため、初めは見ているだけだった私も自作の車を持って参加するようになりました。

きっかけはネットでしたが、今ではリアルも含め大人たちと一緒に趣味を楽しむことができています。ですのでまずはネットで友達を作るといいと思いますよ。

大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ6

続いて40代男性からの「 大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

ミニ四駆はわたしが子供の時が第一次ブームでした。なので友達に教えてもらったり、本を読んで研究したりして、より速いミニ四駆になるように改造したり、パーツを買い足して交換したりしていました。

今、またミニ四駆ブームがじわじわ来ています。だからミニ四駆を再開したくて取った解決策は子供を使うことです。

今、小学生の息子がいます。その息子にミニ四駆を紹介して興味をもたせました。子供にもミニ四駆の作り方や改造の仕方を教える中で、自分が見本を見せると言って自分用のミニ四駆を買い、それを改造しました。

近くのオモチャ屋にミニ四駆のコースがあります。自分だけでは行くのが恥ずかしいけど、子供に行きたいと言わせて同伴で連れて行き、一緒にコースで走らせています。

まとめ  大人がトミカやミニ四駆を趣味にするのは恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

ここでは、大人になってトミカやミニ四駆を趣味にするのが恥ずかしいと感じた方に克服方法の詳細を紹介していただきました。

トミカやミニ四駆の恥ずかしさを乗り越えれば、さらに楽しい世界が広がるはずです。

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。

 



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓