生活全般

車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することがありますよね。

たとえば「車の運転や駐車が下手で恥ずかしい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「車の運転や駐車が下手恥ずかしい」と思っていたけれど、これらを克服した人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ1

それでは以下で20代男性からの「車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

車の運転下手の恥ずかしさを克服するためには「運転の上手な人にアドバイスをもらう」のがおすすめです。

運転免許を取得した当初、運転がとても苦手でした。特に駐車(バック駐車)が苦手で、どこを見てハンドルを右に切ればいいのか、左に切ればいいのか分かりませんでした。

そのため、土日などの休日に公共機関(市役所や市民プール)等の駐車場を利用し、何回も駐車の練習をしています。

先にYOUTUBEで上手く駐車する方法等を勉強し、そのインストラクターの言った駐車法を実践すると良いと思います。

また、両親や運転の好きな友人に助手席に乗ってもらい、駐車練習をすると同時にアドバイスを受けると上達します。

ただこの方法だと、人選をミスると駐車や運転に対する自信が無くなってしまう場合もあるので人選は重要だと思います。

附則ですが、ラジコンで遊ぶと方向感覚が身に着くため良いと思います。

 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ2

続いて30代女性からの「 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

駐車下手の恥ずかしさを克服するためには「焦らず冷静に対処すること」が大切。

運転免許を取ってから、一番苦手なのが高速道路の運転と「駐車」でした。

特に街中の狭い駐車場や、初めて停める駐車場が本当に苦手で、1人の時はパニックになることもしばしばでした。

しかし、知人から「別に何回ハンドルを切っても、何回入れ直してもいいんだよ」と言ってもらってから、「確かに駐車場では運転に制限があるわけではないのだから落ち着いて満足いくように運転すればいいのだな」と気付け、少しずつコツが掴めるようになりました。

運転で一番良くないのが「焦り」だと思います。

下手でもいいので、時間をかけて「焦らず行う」「何回入れ直してもいい」「苦手なままでも別によくて、丁寧にやればそれでいい」と知れたことで結果的には駐車が上手くなったような気がしています。

車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ3

続いても30代女性からの「車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私の駐車下手の克服方法は「先に色々な情報をリサーチしてリスクを軽減すること」です。

私は駐車も運転も苦手ですが、免許を取得したばかりの若い頃よりは上手く出来るようになりました。

駐車場が少ない場所、車を停めにくい場所、初めての場所にいく前には事前に駐車場の情報をリサーチするようにしています。

また土日は車が多くなるので、なるべく平日の車の少ない日中に出かけるように意識しています。

車もバックモニターを搭載し、コンパクトな車を選択するようにしています。また普段の買い物は1度の駐車で済むように、郊外のショッピングを利用することが多いです。

イレギュラーなことが起きると焦って失敗することが多いので、なるべくリスクの少ない行動をとるように意識しています。

そうすることで運転や駐車が苦手な人間でも、事故を起こすリスクを軽減することが出来るからです。

 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ4

続いて20代女性からの「 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

運転や駐車下手での恥ずかしさを克服するには「やはり回数をこなすこと」が一番大事だと思います。

地方に免許合宿で取りに行ったのですが、高速教習や駐車を習うことがなく、そのまま免許取得してしまいました。

結果的に、駐車をなかなか上手くすることができずませんでした。

「他の車などにあたってしまったらどうしよう」という恐怖感からあまり車に乗らなくなり、ペーパードライバーになってしまいました。

数年後結婚して地方に嫁いだのですが「車社会で車がなければどこにも行けない」という環境に置かれました。

そのため、ペーパードライバーを克服すべく夫に協力してもらい、乗り始めました。

田舎のスーパーなどは駐車場が広いので周りに停まっていない端っこの方などで夫に助手席に乗ってもらいながら一日中駐車の練習をしました。

最初は白線を思いっきりはみ出したりしましたが何度も重ねて練習することで今ではスイスイと駐車できるようになりました。

 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ5

続いても20代女性からの「 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私は、車をよく乗るのですが、駐車が苦手です。

もともと教習所に通っているときから駐車の練習が苦手でした。

運転が苦手というのもありますが、車の免許をとるのに途中で1回落ちて、最後の試験も1回落ちています。

免許をとってからも、駐車するときには、どきどきしてしまい「ぶつけたらどうしよう」と思ってしまうので、停めるのに時間がかかります。

後ろで車が待っているときには、早くしなきゃと焦ってしまい逆に上手に停めることができませんでした。

ですが、慣れは肝心ですね。苦手だった頃から10年たちましたが、毎日車に乗って駐車をしていたことによって今では普通に駐車することができます。

軽自動車で停めるのが苦手だった私が今では大きい車に乗って駐車できています。

 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ6

続いて30代女性からの「 車の運転や駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

免許は取得したものの、親の車に乗ったり、自分の車を購入したりしなかった為運転をする機会がありませんでした。

しかし子供を出産し自分が運転をして送り迎えをしなければならなくなってしまいました。

10年以上運転をしていなかったので、まずは運転の練習を昼に行いました。もちろん横に旦那を乗せて指導してもらいながらの運転です。

だいぶ慣れてきたところで問題の駐車。旦那を隣にのせ、初めはステーキ屋さんの広い駐車場で駐車を行いました。

まずどこにいれたらいいのか、どのタイミングでハンドルをきればいいのかがわからず、感覚でやったらアクセルとブレーキを間違えて危うく隣の車にぶつかりそうに…。

「このままではまずい」と思い、イオンの広々とした駐車場で泣きそうになりながら練習をしました。

いまでも両方に車がとまっているところの駐車には苦手意識がありますが、かなり上達したのではと思っています。

まとめ  駐車が下手で恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

ここでは、車の運転や駐車が下手で恥ずかしいと感じていた人の克服方法の詳細を紹介させていただきました。

 車の運転・駐車の恥ずかしさを乗り越え、日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。

 



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓