生活全般

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法を徹底解説

普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することはありますよね。

たとえば「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい」と思っていたけれど、これらを克服した人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ1

それでは以下で20代女性からの「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

打ちっぱなし初心者での恥ずかしさの克服方法は「あえてレンタル用品を使ったり、初心者の多い場所に行ったりすること」がおすすめです。

彼の趣味がゴルフのため、私も一緒にコースを回ってみたいと感じ、その第1段階として打ちっぱなしに練習に行きました。

友人にもゴルフが趣味の人がいて、Instagramのストーリーで見たことがあったため「遠くに飛ばすことだけが難しいのであって、打つこと自体は簡単だ」と思っていました。

ただ実際のところは、1打目から見事に空振り。彼の本格的な道具を借りて行ったので、ものすごく恥ずかしかったです。

ですが、その後はレンタルを使うことで、「あくまでレンタルを使って遊びに来てみた人です」という感じにしてみました。

彼にも教えてもらうことで、周りから「あの子は始めたてで教わっているのだな」とわかるようにしたら初心者であることを気にしなくてよくなりました。

また、初心者だらけの打ちっぱなしを探すのもいいかと思います。

少し余裕が出てきて周りを見ると「キャディーを持ってきているにも関わらず、私と同じ初心者レベルの方」も意外といることに気づいたのです。

そこからは「みんな持ち物がいいからといって上手いとは限らない」のだと分かり、気軽に出来るようになりました。

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ2

続いて50代男性からの「 ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

ゴルフ初心者の恥ずかしさを克服するため、プロにレッスンを習いました。

周りがゴルフを始めて、誘われたことがきっかけで自分もやり始めました。

まずは練習場に行って打ちっ放しで球を打ってみました。もちろんわけもわからず打っているので「横に当たって自分に跳ね返って来たり、どういうわけか球が後ろに飛んで行ったり」と周りの方達に迷惑をかけ、とても恥ずかしい思いをしました。

ゴルフは正直「置いてある球を打つだけ」だからと思って舐めていたのですが、こんなに難しくて前に飛ばないものだとは思いもしませんでした。

そのため、しっかりレッスンプロに見てもらうことにしたわけです。

「フォームから打ち方、グリップの握り方」など初歩的なことはもちろん、どのくらいの距離ならどのクラブを使えば良いかまで教えてもらいました。

今では技術が上達し、心構えも変化したことによって「前のような恥ずかしい思い」をすることは無くなりました。

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ3

続いて40代男性からの「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

恥ずかしさを克服するためにレッスンスクールに通ったのが良かったです。

ゴルフを始めたので練習の為にと打ちっぱなしへ行ったのですが、ドライバーで打つとボールに当てる事は出来たものの右や左へ飛んで行きました。

周囲に居た利用者は下手だな···という感じで私の事をチラチラ見ていて、率直に恥ずかしかったです。

何回打ってもボールは右や左に飛んで行き、飛距離も全く出ず、恥ずかしさも限界になって早々に打ちっぱなしを後にしました。

自分はゴルフが向いていないのか?とも思いましたが、やめるのも悔しいなと思いゴルフスクールに通う決心をしました。スクールは初心者に丁寧にレッスンしてくれたのでスイングは比較的早く上達しました。

約3ヵ月間スクールに通い久しぶりに打ちっぱなしへ行くと、ボールはキレイに真っ直ぐ飛ぶようになり完全に克服しました。やはり素人はいきなり打ちっぱなしへ行くのではなくゴルフスクールにある程度通い、ゴルフの初歩的な知識や技術を身に付けてから行ったほうが絶対に上達も早いですし、恥ずかしい思いをしないで済むので良いなと思いました。

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ4

続いて30代男性からの「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

上手な人と一緒に行ってアドバイスをもらうことが恥ずかしさの克服に良いです。

 初心者が1人でゴルフの打ちっぱなしをやると、誰にも相談できず周りのことを気にしすぎて、上達も遅くなると思いますし、ますます「初心者で恥ずかしい」という気持ちになってしまうと思います。

まずはコーチングしてくれる親しい方に付き添ってもらうのがよろしいかと思います。

また、初心者の方を見ている周りの方の気持ちとしては、正直何も思っていません。

周りで練習している方も自分の練習をするために打ちっぱなしをしているわけですから、せいぜい「自分もゴルフ初心者の時があったな」とか、「がんばれよ初心者」と思っているくらいです。どうぞ過度に周りを気にせず、1球打つ毎に研究しながらコーチにアドバイスをもらって練習に望めば、上達も早いと思いますし周りのことも気にならなくなると思いますよ。

頑張ってください!

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ5

続いても30代男性からの「ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

二十代の頃、ゴルフの打ちっぱなしに「ゴルフはほぼ未経験の状況」なのに一人で行ったことがありました。

小さい子供は、親に連れられてレッスンのような感じでやっており、後はおじいさんやおじさんがほとんどした。つまり、若い人はほとんどおらず物凄くアウェイだったのです。

自分は握り方が分かるくらいで「スイングもほとんどできていない状況」だったので、空振りすることも多くかなり恥ずかしかったです。

今考えると、周りの方はあまり気にしていなかったと思うので「自分が変に周りを気にしすぎていただけだった」と思います。

初心者で恥ずかしいことへの対策としては「最初は少なくとも一人、それなりにできる人を連れていくこと」のがおすすめです。

最初は知っている人から、きちんと学びましょう。

ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法の口コミ6

続いて30代女性からの「 ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

仕事の関係でゴルフコンペに参加する事になり、まずは初心者だけでゴルフの打ちっぱなしに行きました。

その年の初心者で女性は私しかおらず、運動も苦手だったので、打ちっぱなしとは言え、全くボールに当たりませんでした。

他の男性陣から「最初はそんなものだ」と声を掛けられましたが、滅茶苦茶恥ずかしかったです。

しかもコンペまでの時間もなく、組み合わせも時間がかかり過ぎないようにと上手な役員と一緒になってしまったので「何が何でも形にしないといけない状況」でした。

家族に相談したところ「レッスンに通った方が良い」と言われ、速攻で最寄りの「ゴルフレッスンをやっている打ちっぱなし」に通う事を決めました。

最初はスイングから指導していただき、練習を重ねる内にどんどんボールが飛ぶようになっていきました。

男性ばかりの打ちっぱなしに1人で通うのは少々怖かったです。ただ、上達していくとそれが嬉しくて、いつの間にか気にならなくなっていました。

おかげでコンペも何とか回り切る事ができました。

まとめ  ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしい時の克服方法を徹底解説

ここでは、ゴルフの打ちっぱなしに初心者が行くのは恥ずかしいと感じている方の克服方法の詳細を紹介させていただきました。

初心者の恥ずかしさを乗り越えれば、新しい世界が広がるはずです。

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓