生活全般

初心者がスノボに行くのは恥ずかしいと感じる場合の克服方法を徹底解説

普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することはありますよね。

たとえば「スノボ初心者がスノボに行くのは恥ずかしい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「初心者がスノボに行くのは恥ずかしい」と思っていたけれど、これらを克服した人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ1

それでは以下で20代女性からの「スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

スノボ初心者で上手に滑れないせいで恥ずかしいと感じているのなら「何度も挑戦することで克服できる」はずです。要は技術を上げてしまえばいいわけです。

具体的には以下の通りです。

雪国に住んでいるので、スノボをやってみようと思いレンタルで山に行きました。

ですが、最初は滑り方も止まり方も全く分からず、木に激突して周囲の子供に笑われてしまうほどでした。元々運動神経はいい方だったので非常に落ち込みました。

そこから、しばらくスノボはやらずにいたのですが、大学でスノボが上手な友人と会うをきっかけとして、再度挑戦することになりました。

何回も回数を重ねるごとにコツをつかんでいくので一回で「できない」とあきらめてしまうのは良くないと改めて実感しました。

また、YouTube等動画でも丁寧に教えてくれるものが多いのでそこで自ら勉強をしてイメージをつかむのも大切と感じました。

少しでも体を慣らしてイメージすることが上達の一歩に繋がると感じました。おかげで最近は「スノボがやりたくて仕方ない」ほどになりました。

スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ2

続いて30代女性からの「 スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

スノボ初心者における恥ずかしさの克服には「友人やインストラクターの人の力を借りること」がおすすめです。

初めてスノボに行ける機会が出来たのが大学3年生の頃。それまでスキーは経験したことがあるものの、スノボには触れてきませんでした。

大学の合宿で長野の白馬に行くことになり、周りは一度は体験したことがある人たちばかりで、仲のいい友人と楽しく滑れるのかさえ不安でした。

しかも当時は「スノボをやったことがない」とは素直に言えなかったのも、心配の原因でした。

どうしようか?と考えあぐねた末に、その冬に「妹もスノボに行く」と言うので、妹も引き連れて屋内スノボ教室の1日体験に行くことにしました。

丁寧にインストラクターが教えてくれたため、1日で装着から滑り方まで教わることができて、合宿当日は難なく初心者コースを滑り切ることが出来ました。

仲のいい友人も経験はあったのですが決して上手な部類ではなかったため、当日は同じような力量で楽しく滑ることが出来ました。

スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ3

続いて40代女性からの「スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

スノボ初心者の恥ずかしさを克服するためには「人目の少ない場所で練習したり、ゴーグルなどで回りの目を気にしなくてすむ工夫をしたりする」とよいでしょう。

つまり「技術を上げる」か「下手でも周囲を気にしない」といった対策をとればいいわけです。ごく普通ですが笑。

具体的には以下の通り。

20代後半の時に趣味が欲しいという思いと、当時付き合っていた彼氏から雪山に誘われた事で、全くの未経験でスノーボードを始めました。

「とりあえず形から」と思い、スキー板からウェアまで揃えました。ただ、彼氏は遠距離で練習に付き合ってくれず、素人の練習に付き合わせる友達もいなかったので、一人で練習をすることになりました。

スキー経験はあったので、ある程度滑れるかと思ったのですが、スノーボードは全くできなかったです。

最初は板の上に立つことも出来なかったので、とても恥ずかしい思いをしました。

しかしながら、知り合いに会う可能性がない田舎(空いていて、なおかつ低めでなだらかな雪山)に行き、必死に練習したところ、一人で雪山の上から滑ることが出来るようになりました。

ほとんど自己流の練習でしたが、今はYouTube等を見れば練習方法を知ることが出来るので参考にすることが出来ました。

雪山だとゴーグルやネックウォーマーをつければ、顔ばれすることもないです。

やり始めると恥ずかしいこともなかったため、まずは気軽に始めてみるのがいいと思いますよ。

スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ4

続いて20代男性からの「スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

まず、スノボ初心者は「一人ではなく何人かで行くのがお勧め」です。

一人で黙々とやるのは、周りの目を気にしてしまう可能性があるからです。この時、仲の良い仲間と楽しくスノボをやっていると、恥ずかしい気持ちがほとんど無くなるわけです。

また、スノボは大体初めてやった人はこけます。「恥ずかしいことだ」と思うより、「当たり前なこと」だと思ってやる方がその後の上達も早いと思います。

ただ、怪我の可能性は高いスポーツなので準備運動は必須です。だからこそ怪我をしないためにも「友達やインストラクターの方と始めた方が安心安全にスノボを楽しめる」と思います。

上達も早まりますし。

失敗をするから恥ずかしいと思う人も沢山いると思います。けれど実際はそんなことはありません。

「楽しむ」と言うこと忘れずに挑戦すると恥ずかしさは無くなっていき「どうやったらうまく滑れるかな?」と向上心の方が出てくると思います。

勇気を出してスノボをやってみてください。

 

スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法の口コミ5

続いて30代男性からの「スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

あえて身を守るためのプロテクターなどでガチガチに固めて、見た目だけで「初心者です」と宣言するような恰好をするのがいいと思います。

中途半端に服装の雰囲気だけそれっぽくしてこなれた格好をしていると、「初心者丸出しの動き」でチグハグになり、その違和感が『ダサい』という印象に繋がると思います。

そして挑戦する時は1人で行わなず、誰かと一緒に練習するのが良いと思います。練習中、派手に転んだり失敗する可能性は高いはずです。

それをふまえると、一人で派手に転ばれたりすると見ている側も心配になったり、失敗を笑うのは失礼かなと気まずくなったりしてしまいます。

自身も恥ずかしいでしょうし、見守ってくれている仲間がいれば声を掛け合って茶化してくれたりフォローしてくれたりするでしょう。

まとめ  スノボに初心者が行くのは恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

ここでは、スノボに初心者が行くのは恥ずかしいと感じている方の克服方法の詳細を紹介させていただきました。

恥ずかしさを乗り越えれば、新しい世界が広がるはずです。

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。

 



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓