Excel

【Excel】エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法【サムイフ関数も】

この記事では「エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法」について解説していきます。

エクセルのSUMIF関数で「~以外」に適用するときは、

・条件を指定する際に「<>」を入力

をすると良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

 

エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法【項目名に着目】

まずは、SUMIF関数にて項目名に着目し「~以外」の条件を適用する方法を確認します。

ためしに、以下の表で担当「A」以外の売上を集計します。

具体的には、任意のセルに=SUMIF(C3:C9,”<>A”,D3:D9)と入力しましょう。

この数式の意味を解説します。

SUMIF関数は、

=SUMIF(検索範囲、条件、合計範囲)

と入力することで、検索範囲から条件に当てはまるセルを検索し、合計範囲から対応するセルの数値データを集計します。

さらに、今回のように「~以外」の条件を指定するときは、条件に「<>」と入力します。

【Excel】エクセルにてノットイコールの記号(<>)(if関数や条件付き書式など)の表示方法【演算子:数式:文字列】この記事では「エクセルにてノットイコールの記号(<>)(if関数や条件付き書式など)の表示方法」について解説していきます。 ...

 

 

なので=SUMIF(C3:C9,”<>A”,D3:D9)では、

・検索範囲 : C3:C9(担当)

・条件   : <>A(A以外)

・合計範囲 : D3:D9(売上)

と、条件を指定しています。

このままENTERキーを押すと、E3セルに集計結果が表示されます。

しっかりと「A」以外の担当の売上(1200+900+1100+800+600)が集計されていますね。

以上が、項目名に着目し「~以外」に適用する方法でした。

「項目名以外」でデータ集計するときは、条件に「<>」を入力すると良いでしょう。

 

エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法【数値自体に着目】

次は、数値自体に着目し「~以外」に適用する方法です。

ためしに、以下の表で売上「0」以外の売上を集計してみます(なお、0ではない他の数値であっても同様に処理できます)。

具体的には、任意のセルに=SUMIF(D3:D9,”<>0″,D3:D9)と入力するといいです。

この数式の意味を解説します。

先ほどは、

・検索範囲 : C3:C9(担当)

と指定していましたが、

今回は「売上範囲(D3:D9)内」の0以外が条件なので、

・D3:D9,”<>0″,D3:D9

と指定する

ことで、検索範囲と合計範囲を同じにしています。

このままENTERキーを押すと、E3セルに集計結果が表示されます。

しっかりと「0」以外の売上(1000+1100+1500+600)が集計されていますね。

以上が、数値に着目し「~以外」に適用する方法です。

「数値以外」でデータ集計するときは、表の種類にもよりますが、検索範囲と合計範囲を同じにして、条件に「<>」を入力すると良いです。

 

まとめ エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法【サムイフ関数も】

この記事では「エクセルのSUMIF関数で~以外に適用する方法【サムイフ関数も】」について解説しました。

エクセルのSUMIF関数で「~以外」に適用するときは、条件を指定するときに「<>」を入力すると良いです。

また場合にもよりますが、検索範囲と合計範囲を同じにすること対応するときもあります。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊