Excel

【Excel】エクセルにてeを消す(指数表示を解除)方法【勝手に変換をもどす:デフォルトで指数表示にさせない】

この記事では「エクセルにてeを消す(指数表示を解除)方法【勝手に変換をもどす:デフォルトで指数表示にさせない】」について解説していきます。

エクセにてeを消すときは

・表示形式を「数値」に変更

・TEXT関数で表示形式を変更

をすると良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

エクセルにてeを消す(指数表示を解除)方法1【勝手に変換をもどす:デフォルトで指数表示にさせない】

まずは、デフォルトで指数表示にさせない方法です。

ためしに、以下のエクセルファイルの任意のセルに=123456789*123456789と入力してみましょう。

このままENTERキーを押すと、「1.52416E+16」と表示されます。

計算結果が非常に大きな数字の場合、数字の途中からE+n(nは桁数)で省略して表示さます。

これが指数表示です。

この表示にさせたくない場合は、シート全体の書式設定を「数値」に変更します。

画像内の「◢」をクリックします。

クリックすると、シート全体を選択することができます。ショートカットキーの「Ctrl + A」を活用してもOKで、詳しい使用方法はこちらで解説しています。

【Excel】エクセルでの全て選択のショートカット【シート全体のセル・図形・画像・写真のオブジェクト・フォルダ内のファイルを全選択のショートカットキー:windowsとmac】この記事では「エクセルにて全て選択(シート列の全て選択)を行うショートカットキー」について解説していきます。 これらの処理としては...

 

シート全体を選択後、右クリックしてメニューを表示し、その中から「セルの書式設定」をクリックします。同様にショートカットキー【Ctrl + 1】を活用してもよく、詳細はこちらで解説しています。

【Excel】エクセルでのセルの書式設定のショートカット【セルの書式設定ダイアログボックス表示のショートカットキー:windowsとmac】この記事では「エクセルにてセルの書式設定を行うショートカットキー」について解説していきます。 これらの処理としては ・w...

 

 

編集画面が表示されるので、「表示形式」のタブから「数値」を選択し、「OK」をクリックします。

「数値」に変更することで、先ほどの計算結果にあった指数表示が無くなりました。

違うセルに同じ計算をしても、計算結果に指数表示(e)はされません。

以上が、デフォルトで指数表示にさせない(eを消す)方法です。

 

エクセルにてeを消す(指数表示を解除)方法2【関数など】

次は、関数を使用し指数表示にさせない方法を見ていきます。

先ほど同様に、エクセルファイルの任意のセルに=123456789*123456789と入力し、ENTERキーを押します。

具体的には、任意のセルに=TEXT(B2,”#,###”)と入力すると良いです。

この数式の意味を解説します。

TEXT関数は、

=TEXT(値、表示形式)

と入力することで、値を指定した表示形式に変更することができます。

今回は、

・値    :B2セル(指数表示が出ている数値)

・表示形式 :全体表示し3桁ごとにカンマで区切る形式

で入力しています。

このままENTERキーを押すと、B2セルの計算結果を3桁ごとにカンマで区切って全体表示されます。

TEXT関数の表示形式には、様々な種類があるので必要に応じて変更してみてください。

以上が、関数を使用し指数表示にさせない(eを消す)方法です。

 

まとめ エクセルにて指数表示を解除する(デフォルト)方法【勝手に変換をもどす】

この記事では「エクセルにてeを消す(指数表示を解除)方法【勝手に変換をもどす:デフォルトで指数表示にさせない】」について解説しました。

エクセルにて指数表示を解除するときは、書式設定を「数値」に変更するか、TEXT関数を使用すると良いです。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊