Excel

【Excel】エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法【A4サイズに合わせる】

この記事では「エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法」について解説します。

エクセルで印刷設定をせずに作成した表をそのまま印刷すると、表の一部が2ページ目に出てしまい、見づらくなってしまうことがあります。

そうした表に対して適切な印刷設定をすることによって1ページにぴったり収めることが可能です。

それではサンプル表を使用して説明しましょう。

エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法【A4サイズに合わせる:縦向き】

それでは以下で縦向きでA4ぴったりに印刷する方法を見ていきましょう。

以下のサンプル表を印刷するために「ファイル」をクリックします。

「印刷」をクリックすると右側に印刷プレビューが表示されます。

このまま印刷してしまうと10月~12月、28日~31日までが2ページ以降に4ページ分印刷され1ページに収まりません。

設定を変更していきましょう。「ページ設定」をクリック。

ページ設定ウィンドウが表示されます。

「ページ」タブで拡大縮小印刷欄の「次のページ数に合わせて印刷(F)」項目をそれぞれ横:1×縦1に変更して「OK」をクリック。

プレビュー画面に戻ります。表が1ページに収まっていることが確認できます。

また、余白設定を変更することでさらにA4ぴったりにすることが可能です。

ページレイアウトタブから「余白」を選択し、「ユーザー設定の余白(A)」をクリック。

ページ設定の余白タブになっているので、各余白をすべてゼロにし、ページ中央項目の「水平」と「垂直」にチェックを入れ、「OK」をクリック。

表の余白がさきほどより狭くなっています。

以上で完了です。

 

エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法2【A4サイズに合わせる:横向き】

次は横向きでA4の1ページに収める設定を解説します。

設定は縦向きと同様です。

以下のサンプル表を印刷するために「ファイル」をクリックします。

「印刷」をクリックすると右側に印刷プレビューが表示されます。

このまま印刷してしまうと縦の場合と同様に、6月~12月、15日~31日までが2ページ以降9ページに分印刷され1ページに収まりません。

設定を変更していきましょう。「ページ設定」をクリック。

ページ設定ウィンドウが表示されます。

「ページ」タブで拡大縮小印刷欄の「次のページ数に合わせて印刷(F)」項目をそれぞれ横:1×縦1に変更して「OK」をクリック。

プレビュー画面に戻ります。表が1ページに収まっていることが確認できます。

また縦の場合と同様、余白設定を変更することでさらにA4ぴったりにすることができます。

ページレイアウトタブから「余白」を選択し、「ユーザー設定の余白(A)」をクリック。

ページ設定の余白タブになっているので、各余白をすべてゼロにし、ページ中央項目の「水平」と「垂直」にチェックを入れ、「OK」をクリック。

表の余白がさきほどより狭くなっています。

以上で完了です。

まとめ エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法

 

この記事では「エクセルにてA4いっぱいに印刷したい!ぴったりで収める方法」ついて解説しました。

 

エクセルでは表を作成後、ページ設定を適切に行うことによって、印刷ページ数を調整できます。

 

また、「ページレイアウト」タブにある印刷の向きとサイズを事前に設定しておくことで、表の作成前に各用紙サイズの印刷範囲を確認することも可能です。

 

これらの設定を利用して、見やすい印刷をしていきましょう。

 



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊