生活全般

水100gは何ccで何mlか?どのくらい?大さじ何杯?

毎日必ず料理や食事などで「水」を使いますよね。

ただ、この「水」のグラム数(質量)やcc・ml数(体積)との関係について、パッとイメージできる人は意外と少なく思います。

そこでここでは「水100g」に着目して「水100gは何ccで何ml(100mlか)なのか?どのくらいの量か?大さじでは何杯にあたるのか?」について解説していきますので、参考にしてみてください♪

水100gは何ccで何mlか?100ccで100ml

それでは水100gが何ccで何mlか?について見ていきましょう。

結論として、水100gは「100ccで100ml」です。

これは水の密度(常温常圧)が約1g/cc(1g/ml)のためです。

つまり、gやccやmlの前の数値はどれも同じになるのが、水の特徴ですね。なお、液体の状態でも温度が変化したり、状態変化(固体や気体)したりした場合には、密度が若干変わります。

ただ常温付近の水であれば、100gは100㏄で100mlと覚えておきましょう。

 

水100gは大さじ何杯?どのくらい?

さらには、水100gがどのくらいの量かもチェックしていきます。

大さじでの相当量

まずは水100gは大さじ何杯か?について確認していきます。

結論として、水100gは大さじでは、約6.7杯ほどの量になります。

これは大さじ1=15ml(15cc)であり、上述のよう水100g=100ccのため、約6.3杯ほどと計算できるわけです。

計算式: 100 ÷ 15 = 6.66…

 

計量カップやコップでの相当量

なお料理の際に使う計量カップで水100gを計測することもあるでしょう。

水100gは計量カップ1/2カップ分に当たります。

これは計量カップ1杯はすりきりで200ml(水であれば約200g)のため、この半分の量が水100gとなるのです。

お米用の計量カップは基本的に180mlの設計のため、上と違うことに気を付けましょう。

なお、物にはよるものの一般的なコップの量も約200ml(水では200g)近いものが多いため、おおよそ2分の1が水100gと覚えておくといいです。

まとめ 水100gは何mlか?どのくらい?大さじ何杯?

ここでは「水100g」に着目して「水100gは何ccで何mlか?どのくらい?大さじ何杯?」について解説しました。

各飲食物の重さや分量などの関係は忘れやすいため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな知識を身に着け、日々の生活に役立てていきましょう。