Excel

【Excel】エクセルでの共有のショートカット【ブックを共有するショートカットキー:windows】

この記事では「エクセルにてブックを共有するショートカットキー」について解説していきます。

なお、以下で使用するのは、共同編集機能ではなく、共有ブック機能です。

これらの処理としては

・windows:【Alt】→【R】→【W】

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

エクセルでの共有のショートカットキー【ブックを共有するショートカット】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてショートカットを使用してブックを共有する方法について見ていきます。

今回は以下のサンプルブックを共有してみましょう。

ブックの共有の操作を始める前に、リボンの校閲タブに、以下のような“ブックの共有”のアイコンが表示されているか確認してください。

表示されていない場合は、リボンに“ブックの共有(レガシー)”を追加してください。

リボンの設定は、エクセルのオプションで変更できます。

オプションを表示するショートカットはこちらで解説していますので、併せて確認してみてください。

リボンに“ブックの共有(レガシー)”を追加する際のオプションの画面は以下のようなイメージです。

メニューからリボンのユーザー設定を選択して、まず右側の校閲タブに“新しいグループ”を追加します。その後で、中央のコマンドから“ブックの共有(レガシー)”を選択し、新しく作成したグループに追加します。

リボンの校閲グループに“ブックの共有”のアイコンが表示されていることが確認できたら、上述のように該当ブックを開いた状態で

・windows:【Alt】→【R】→【W】

と、キーボードを打てばOKです。

すると以下のように、ブックの共有のウィンドウが表示されます。

次に、“新しい共同編集機能ではなく、以前の共有ブック機能を使用します。”にチェックを入れ、OKをクリックします。

すると、「この操作を行うとブックがいったん保存されます。よろしいですか?」というような確認のメッセージが表示されるので、OKをクリックします。

これだけでショートカットを用いて、ブックを共有することができました。

共有されたブックは、ファイル名の横に[共有]と表示されます。

共有のショートカットを使用すると、通常の操作よりも効率的に処理できるため、身に着けておくことがおすすめです(^^)/

再度記載しますが

・windows:【Alt】→【R】→【W】

が、ブックを共有するショートカットキーです。

 

【Alt】→【R】→【W】の流れの詳細

上で各キーを押す際の、詳しい流れも確認しておきます。

【Alt】キーを押すと、以下のようなウィンドウに切り替わります。

ここで校閲に当たる【R】キーを選ぶわけです。

次に、ブックの共有(レガシー) のキー【W】を押します。

すると、上でも記載の以下のような状況になるのです。

 

まとめ エクセルでの共有のショートカットキー【ブックを共有する】

この記事では「エクセルにてブックを共有するショートカット」について解説しました。

ショートカットキーでブックを共有するには

・windows:【Alt】→【R】→【W】

を活用するといいです。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊