Excel

【Excel】エクセルでの検索のショートカット【文字の検索のショートカットキー:windowsとmac】

この記事では「エクセルにて検索(文字列の検索)を行うショートカットキー」について解説していきます。

これらの処理としては

・windows:【Ctrl】+【F】

・mac:【⌘】+【F】

もしくは

・windowsもmacも:【Alt】→【H】→【F】→【D】→【F】

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

なお、直前の検索を再度検索するショートカットについても、簡単に触れていますので参考にしてみてください。

 

エクセルでの文字の検索のショートカットキー【検索のショートカット】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてショートカットを使用して文字の検索を行う方法について見ていきます。

今回はサンプルシートの文字列を検索しましょう。

まずは、

・windows:【Ctrl】+【F】

・mac:【⌘】+【F】

もしくは

・windowsもmacも:【Alt】→【H】→【F】→【D】→【F】

と、キーボードを打てばOKです。

すると以下のように、検索のウィンドウが出ます。

検索対象の文字列を「検索する文字列」欄に指定しましょう。ここでは、“ヒット”を検索してみます。

windowsの場合はEnter、macの場合はReturnを押しましょう(または次を検索をクリックする)。該当するB2セルが選択されます。

これだけでショートカットを用いて、文字の検索を行うことができました。

さらに、windowsの場合はEnter、macの場合はReturnを押す(または次を検索をクリックする)と、次に該当するC3セルが選択されます。

なお、検索ウィンドウを閉じた後でも【Shift】+【F4】を押すと、直前の検索を再度検索することができます。

サンプルの場合、2度目の検索の後、C3セルが選択された状態で検索ウィンドウを閉じても、【Shift】+【F4】を押すと、直前の検索の“ヒット”が再度検索され、C3セルの次に該当するB4セルが選択されます。

文字の検索のショートカットを使用すると、通常の操作よりも効率的に処理できるため、身に着けておくことがおすすめです(^^)/

 

再度記載しますが

・windows:【Ctrl】+【F】

・mac:【⌘】+【F】

もしくは

・windowsもmacも:【Alt】→【H】→【F】→【D】→【F】

が文字の検索を行うショートカットキーです。

 

【Alt】→【H】→【F】→【D】→【F】の流れの詳細

上で各キーを押す際の、詳しい流れも確認しておきます。

【Alt】キーを押すと、以下のようなウィンドウに切り替わります。ここでホームに当たる【H】キーを選ぶわけです。

次に、検索と選択のキー【F】→【D】を押します。

さらに、検索のキー【F】を押します。

すると、上でも記載の以下のような状況になるのです。

後は検索する文字を指定して検索を実行すればOKですね。

 

なお、関連する操作として

エクセルでの検索と置換のショートカットキーはこちら

で解説しているため、併せてチェックしてみてくださいね。

【Excel】エクセルでの検索と置換のショートカット【文字の置き換えのショートカットキー:windowsとmac】この記事では「エクセルにて検索と置換(文字の置き換え)を行うショートカットキー」について解説していきます。 これらの処理としては ...

 

まとめ エクセルでの検索のショートカットキー【文字の検索】

この記事では「エクセルにて文字の検索を行うショートカット」について解説しました。

ショートカットキーで文字を検索するには

・windows:【Ctrl】+【F】

・mac:【⌘】+【F】

もしくは

・windowsもmacも:【Alt】→【H】→【F】→【D】→【F】

を活用するといいです。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。