Excel

【Excel】エクセルにてクリックしたら1カウントする方法【ボタンクリックで1ずつ増やす:マクロ(VBA)のスピンボタン】

この記事では「エクセルにてボタンをクリックすると1ずつカウントする方法」について解説していきます)。

これらの処理としては、主に

・スピンボタン(開発タブ内)

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

 

エクセルにてボタンをクリックするとカウントする方法【スピンボタンで1ずつ増やす】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてボタンをクリックすると1ずつカウントしていく方法を見ていきます。

最もオーソドックスな処理としては、開発タブ内の「スピンボタン」を活用する方法があります。

具体的には、開発、挿入、フォームコントロール、スピンボタンを選びましょう。

シート上の任意の位置で、クリックすると、スピンボタン(カウントするためのボタン)が出現します。

スピンボタン上で右クリックをし、コントロールの書式設定を選びます。

書式設定内のコントロールタブにて、リンクするセルを選びます。好みの場所を指定すればよく、今回はC5セルにボタンを押したら1ずつカウントさせる処理となっています。

変化の増分にて「1」であれば1ずつ増え、ここを2などとすれば2ずつ増えたり減ったりする仕組みができるわけですね。

OKとします。

これでボタンをクリックすると、リンクさせたセルにて1ずつカウントされる処理が完了です。

マクロ(VBA)にてボタンをクリックするとカウント(1ずつ増やす)方法

なお、マクロ(VBA)を用いてもボタンクリック時に1ずつカウントする仕組みを作れます。

この際には、図形(オートシェイプ)などをボタンとしてクリックできるようにしましょう(画像や写真でもOKです)。

手順としては、挿入、図、図形として、今回は正方形/長方形を選択してみます。

続いて、任意の位置にこの図をセットします。

ここまで出来ましたら、一旦マクロの設定に移りましょう。

 

マクロ(VBA)を登録する

【Alt + F11】にてマクロ編集画面を表示させます。

ここで、

Sub クリックでカウント()

Range("B2") = Range("B2") + 1

End Sub

 

と入力しましょう。

以下が実際の画面。

「ボタンをクリックすると、B2セルに1ずつ増やすカウントを実行する」というコードにとなっているわけです。

これを保存すると、クリックしたら1ずつカウントするマクロは完成です。

 

ボタンとマクロを連動させる

最後にボタンとマクロを連動させましょう。

先ほどの作成の図形の上で、右クリック、マクロの登録を押します。

先ほど作成のマクロ(クリックでカウント)を選択し、OKとしましょう。

OKとし、ボタンをクリックしていくと、マクロで指定のセル(B2)の数が1ずつカウントされる処理が完了です。

 

まとめ エクセルでボタンクリックでカウント(1ずつ増える)する方法【マクロ:スピンボタンなど】

この記事では「エクセルでボタンクリックでカウント(1ずつ増える)する方法(マクロ:スピンボタンなど)」について解説しました。

マクロやスピンボタンをうまく活用するといいです。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。