科学

直径10センチの円周や面積や半径は?計算方法

算数や数学の問題で円周や面積について問われることがよくあります。

ただ「直径」からその円周や面積を計算するのは少々理解しにくいもの。

そんなこともあり、ここでは「直径10cm」に着目し「直径10センチの円周や面積や半径は?」について答えと求め方を解説していきますので、参考にしてみてください。

直径10cmの円周は何センチ?

それでは以下で直径10センチメートルの円周が何センチで何ミリか?について見ていきます。

結論として、直径10センチの円周は約31.4cm(円周率3.14にて計算)です。円周率の記号πを使う場合は、10π(10パイ)と表現できますね。

一般的な円周の求め方の公式は、直径×円周率π(3.14)です。半径rを使用した場合では、2πrとも表現できますね。

今回は直径が10センチのため、

計算式:10×3.14=約31.4センチ

と変換できるわけです。

直径10センチの円周は何ミリ?

なお円周をセンチメートルではなく、ミリメートルで表したい場合もでもあるでしょう。

直径10センチの円周は約314mmです。

この場合は、円周約31.4センチと、1センチ=10ミリの関係を用い

計算式:31.4 × 10 =314mm

と換算できるのです。

円周の公式は頻出のため、この機会に覚えておくといいです。

直径10センチの円の面積や半径はいくら?

さらには直径10センチの円の面積がいくらになるか?見ていきましよう。

答えは78.5cm2(平方センチメートル)です。記号を使う場合は25πcm2ですね。

一般的に円の面積は半径(r)×半径×円周率π(3.14)=πr^2で求めることができます。

ここで直径10センチの半径は5センチのため、

計算式:5× 5 ×3.14 =78.5cm2(平方センチメートル)

と換算できるのです。

円の面積公式では直径でなく「半径」を使うことを覚えておきましょう。

直径10センチの円周は何平方ミリメートル?

なお円の面積を平方センチメートルではなく、平方ミリメートルで表したい場合もでもあるでしょう。

直径10センチの面積は7850mm2(平方ミリメートル)です。

この場合は、直径10センチの円の面積78.5平方センチメートルと、1平方センチメートル=100平方ミリメートルの関係を用い

計算式:78.5× 100 =7850mm2

と換算できるのです。

 

まとめ 直径10センチの面積や半径は?計算方法

ここでは「直径10センチの円周や面積や半径は?計算方法」について確認しました。

円周や面積の公式は覚えにくいため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな数値処理に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓