JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
生活全般

バイトが暇で気まずい場合の解決策は?口コミを徹底紹介!

多くの人がさまざまなバイト(アルバイト)を経験したことがあることでしょう。

ただ、複数人で行うバイト(コンビニなど)の場合では、仕事が無く暇な時に気が合わない人と一緒になると「気まずい・・・」という状況になりやすいです。

ここでは、このアルバイトにて暇で気まずい状況とその打開策について生の声を元に解説していますので、参考にしてみてください。

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策1【アルバイト】

それでは以下で30代女性のアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその打開策について紹介していきます。

バイト先で実際に仕事があまりなく暇なときに、相手と気まずくなるシチュエーションはたくさんありました。

私は当時派遣のアルバイトでケーキのアルバイトをしていました。バイト先のメンバーはだいぶクセが強い人が多く、仕事が少なく暇、そして気まずい状況に・・・なることがよくあったのです。

その時得た「乗り越え方」を紹介します。

まずはずっと無言も気まずいのでとりあえず会話します。本当にたわいもない話です。

今日の天気や今日暇ですねーということです。

もちろん、相手のタイプによって異なるのですが「やたら自分のこと話すおしゃべりタイプ」なら話半分に適当に聞き流します。

あんまり話さないタイプの人だったら無理に話しても気まずいので諦めます。私は店内にお客様がいる場合は暇なので人間観察をして妄想したりしています。

人がいないような場合は好きなドラマや漫画youtube のことを思い出して妄想しています。それでだいたいどうにかなります。

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策2【アルバイト】

続いて、20代女性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

私が体験したバイトが暇で気まずい場合の状況と解決策は以下の通りです。

まずカフェでホールのバイトをしていますが、暇で気まずい時は、ひたすら店内散歩かお掃除をして、なんとかやることを見つけます。

店内散歩というのは、お客さまの様子を伺ったり、外の人の混み具合を観察したりしながら、店内を行ったり来たりすることです。

掃除も、基本の掃除をまずやってから、グラスを全て漂白したり磨いたり、いつも掃除しないところの埃を取って丁寧に拭いたり、ドリンクの瓶を拭いたり、いつもはしないことでも端から端まで綺麗にしようと思えばいくらでもやることが出てきます。

あとは、在庫がなくなっているものを細かくチェックして補充したり、店内を整えたり、やらなくても困らないけどやっておくと後々助かることをやってみたり、なんとか忙しく過ごします。

そしてどうしてもやることがなくなってしまった時には、キッチンの手伝いをして、ホールから逃げます。

これによってお店にも貢献できますし、暇で気まずい空気からも逃れるので一石二鳥です(^^)

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策3【アルバイト】

続いて30代女性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

私がアルバイトをしていて暇で気まずいと感じる状況はよくあり、その場合の対策は以下の通りです。

まずは気まずい相手とできるだけ離れることができる仕事を探すことが重要です。

私は飲食店でバイトをしていましたが、気まずい人とシフトが一緒になり、暇な時間が続き手持ち無沙汰のときは、店の外の掃除を率先して行っていました。

外に出てしまえば、相手と喋る必要はありませんし、外の掃除はいくらでもやることがありました。雑草を抜いたり、掃き掃除をしたりと1人で黙々とできました。

また気まずい相手と仲良くなるチャンスだと捉えるのも一つの手だと思います。苦手な先輩とシフトが一緒になり、お客さんも来ず、どうしようかと迷っていましたが、思い切って色々と質問をしてみることにしました。

バイトの話からプライベートの話まで、とにかく頑張って質問してみると、その先輩も乗ってくれ、その日をきっかけに先輩と仲良くなることができました。

気まずさを解消するチャンスだと捉えるのもありだと思います。

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策4【アルバイト】

続いて40代女性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

私はバイトにて事務作業をしていますが、暇なときによく気まずい状況になります。

詳しくは以下の通りです。

まずは、事務作業で今の仕事が終わると、次の仕事までに時間が空いてしまい時間を持て余してしまうことが多々あります。特に、みんなが忙しい時期に自分だけ手が空いてしまうといった具合ですね。

このような暇で気まずい場合には「普段慣れていないひらがな入力などで仕事の効率を落とす」のもおすすめです。

例えば、何かの入力作業や書類作成などで、普段ならローマ字入力でスラスラ入力作業であっという間に終わってしまう仕事があるとします(つまり暇で気まずい空気に・・・)。

このような時に、ひらがな入力で入力していくと、使い慣れていないし、文字の配列などが全然わからないいのですごく時間がかかるわけです。

さらに、険しい表情になっているからか、周りからはすごい真剣に仕事しているように見えるらしく、評価も上がる傾向です。

これで、バイトにて暇で気まずくなる状況がだいぶ軽くなるので試してみてください。

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策5【アルバイト】

続いて30代男性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

バイトにてやることがなく暇な時もあるが、このような場合は仲のいい数人で談笑していることがある。ただ、このような場合それほど仲良くない別の担当の爺ちゃんがこっちを見てくて、気まずい・・というシチュエーションになることがある。

担当が違うので仕事を手伝うことはできない。一応談笑は止めるけど仕事が暇なのには変わりはない。

そんな時の暇で気まずい状況を気にりけるには、仕事場をプラプラ歩いて、器具の点検や在庫を確認するのがおすすめだ。

談笑していられるならそれでも良いけど、怒られそうな時は何かをしている雰囲気を作ってその場を凌ぐ。点検や在庫確認を終えても暇だったら、思い切って外に出る。

最初はみんなにいろいろ言われると思うが、何回かやっていると、誰にも何も言われなくなる。これは暇から来る眠気を取り払う効果がある。

いきなり忙しくなり、その状態で眠いというのは危険である。ミスをなくす為にも、眠気を取り払うのも仕事のひとつだ。

このようにして、僕はバイトで暇で気まずい状況を気に抜けているだけでなく、バイトの効率も逆に上げることができている。

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策6【アルバイト】

続いて20女性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

あまり話したことがない相手や、個人的に合わないなぁと思う相手とシフトが一緒になって「気まずいなぁ」と感じてしまうことは多々あるでしょう。特にバイトが暇な状況が続くとなおさらですよね。

完全にお互いを嫌いあっているような関係なら、無理に話したり和解を試みる必要はないと思っています。人にはどうしても合う合わないがあるものなので。

向こうから嫌われていることが分かっているなら、無視を徹底して、仕事に支障のない最低限の業務連絡のみできていれば良いのではないでしょうか(パワハラ行為などの嫌がらせを受ける場合はちゃんと上の人に相談しましょう)。

まだどんな人か分からない、という場合は、ありがちなことではありますが、まずは当たり障りのない会話から始めて距離感を掴んでいくのがよいと思います。

個人的には、バイト先の近隣にある美味しい飲食店の話(自分の知っている店をオススメしたり、逆に相手のオススメを聞く)や、相手が動物好きだった場合飼っている犬の話などは盛り上がり安かったです。振る話題の参考にどうぞ。

 

バイトが暇で気まずい場合の状況と対策7【アルバイト】

続いて30代女性からのアルバイトにて暇で気まずいシチュエーションとその解決策について見ていきましょう

バイト先で年齢が離れていたり気の合わないスタッフと一緒になりことがありますが、特に仕事が暇な状況では、話が合わずに気まずい思いをすることがあります。

以前は、なんとかその場を取り繕うとして、会話の糸口を探しては、弾まない会話を続けていました。しかし、仕事の後はドッと気疲れてしまっていました。

そのため、私は相手と向き合う事を止めて、物理的に距離を取ることにしました。 気の使うスタッフとは距離を置いて、まず話さなくて良い環境を作ることで「何か話さなきゃ」という心の負担を減らすことができるので、随分働きやすくなります。 そして物理的にゴミを出しに行ったり、資材の補充をしたり、普段できないような場所の掃除をしたりと、距離を取ります。

暇な際に気まずくなる人とは距離を取って、1人でもくもくと作業していると、あっという間に時間も過ぎますし、上司からの評価も上がるのでおすすめです。

 

まとめ アルバイトが暇で気まずい場合の状況と対策【バイト】

ここでは、バイトが暇で気まずい場合の状況と対策について生の声を紹介しました。

暇できまずい場合は、

・物理的に距離を置く

・仕事を自分で探しだす

のが良さそうですね。

バイトが暇で気まずい状況などをうまく切り抜け、日々の生活を快適に過ごしていきましょう。