JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
生活全般

バイトを辞めるまで気まずい場合の解決策は?口コミ紹介!

多くの人がさまざまなバイト(アルバイト)を経験したことがあることでしょう。

ただ、合わない、別のことに注力したい・・などの理由でアルバイトを辞めることもありますよね。

このような状況にて「バイトを辞める」と周囲に伝えてから、実際に辞めるまでの期間が発生するわけですが、こんな時はどうしても気まずい・・・という状況になってしまいます。

ここではこのバイトで辞めるまで気まずい場合の対策について、生の声を確認しましたので、紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてください。

バイトを辞めるまで気まずい場合の状況と対策1【アルバイト】

それでは以下で40代女性のアルバイトを辞めるまで気まずい状況とその打開策について紹介していきます。

私が遭遇した、バイトに辞めることを伝えて方、辞めるまでに気まずいと感じた場合の状況と対策は以下の通りです。

まず、自分は辞めるまではこの職場でも学ぶことがあると見せかけたり(あれは何より)、やめるまでは学ぶ姿勢を保ち元気に働いたりすることがおすすめです。

つまり一生懸命辞めるまでバイトに取り組むのが「個人的にはいい」と思っています。

また、他の人は「こいつどうせ辞めるんだろ」と思っていますので、下手に親しくなろうとせずいつも通りのテンションで行く方が無難です。

ここで急におしゃべりになると「辞めるからテンション高い。」と思われることもあるので、通常通りの態度がベストです。

また「次の仕事は決まっているの?」と聞かれた場合、「決まっている」と答えると心証が悪いので「それがまだ決まっていないんですよ―探さないと」と自分の立場があなたより下にあると思わせた方が、円滑に仕事が出来ます。

また「おれも辞めようかな」などの愚痴もしっかり聞いてあげましょう。相手の話をよく聞いてあげることが、バイトにて辞めるまでの気まずさを緩和し円滑にします。

 

バイトを辞めるまで気まずい場合の状況と対策2【アルバイト】

続いても40代女性のアルバイトを辞めるまで気まずい状況とその打開策について紹介していきます。

私が遭遇したバイトに辞めることを伝えてから、辞めるまでに気まずいと感じた場合の状況と対策は以下の通りです。

仕事がかなり忙しい飲食店でのアルバイトであり、辞めづらい状況で何度も引き止められましたが、心を鬼にして「辞める」と店長に伝えました。

店長も諦めてくれて、私が帰ったあとスタッフのみんなに知らせたようで、翌日バイト先に行くと、明らかにみんなの態度が違っていてかなり気まずかったです。

それまで毎日キャッキャと好きな人や推しのアイドル、美味しい食べ物や悩みなど何でも話していたメンバーが急によそよそしくなり、話しかけてくれなくなりました。

辞めるまでの1ヶ月この状態かぁとガックリ来て、すぐにでも辞めてしまおうかと何度も思いましたが、残り1ヶ月はちゃんと働くと店長と約束してしまったので途中で投げ出してこれ以上迷惑かけられないと思い、気が重いながらも頑張って行きました。

1週間くらい経つと、1人で仕事をするのも慣れてきて、みんなの冷たい空気も気にならなくなりました。

乗り切れたコツは、とにかく「お金のため!」と心を無にして働く事だと思います。

 

バイトを辞めるまで気まずい場合の状況と対策3【アルバイト】

続いて20代女性のアルバイトを辞めるまで気まずい状況とその打開策について紹介していきます。

やめると伝えてからますやめるまでの後ろめたさを感じたシチュエーションとその解決策は以下の通りです。

まず私が働いていたバイト先は全部で従業員が7人しかおらず、やめると大変なのはわかっていたので気まずかったです。

一緒に働いていた周りの人は優しく、特に嫌味などを言われたわけではありませんが「〇〇さん(私)がいなくなったら不安だな〜」などと言われるとさらに居心地が悪かったです。

しかし、辞める理由は大学3年生になって就活が本格的に始まったという致し方ないものだったので、そこは吹っ切れて自分のことに集中することにしました。

友人にこのことを話しても「所詮アルバイトだからね、そんなに責任感を感じなくてもいいんじゃない。」と慰めてくれたのでこの状況でを乗り越えられたのだと思います。

やめるまでの気まずさはどうしてもありますが、勇気を出して言わなければ他のことに支障が出るので仕方ないと思っています。

 

バイトを辞めるまで気まずい場合の状況と対策4【アルバイト】

続いて40代女性のアルバイトを辞めるまで気まずい状況とその打開策について紹介していきます。

私がバイトにて辞めることを伝えてから、辞めるまでに気まずいと感じた場合の状況と対策は以下の通りです。

私は大きな飲食店でバイトをしていましたが、その中でお付き合いをした人がいたが別れたということもあって、そのバイトを辞めることにしました。

どうしても一緒にいるのが気まずくなってしまったわけです・・

また、お付き合いをしていたことを周囲の誰にも言っていなかったので、いまさらそれを言うわけにもいかず、「単純にバイトを変えるだけだ」と言わないといけなかった状況も大変でしたね。

この気まずい空気を変えるには、辞めると皆に伝わった後は「周囲の人の仕事ぶりをひたすら褒める」ようにしたのが良かったです。

褒められて嬉しくない人はほぼいないわけで自然と褒めつつ自分の退職を伝えることで、「次のアルバイトでも頑張ってね」と応援してもらえるほどになりました。

これによって、気まずい状況は徐々に改善していき、最後までシフトも入ることができたため、あなたも辞めるまで気まずいと感じているのであれば、この方法がおすすめと思います。

 

バイトを辞めるまで気まずい場合の状況と対策5【アルバイト】

続いて20代女性のアルバイトを辞めるまで気まずい状況とその打開策について紹介していきます。

バイトを辞めるまで気まずい経験はあり、その解決策としては「最後まで良好な関係を築こうと行動すること」に尽きると思っています。

理由の詳細は以下の通りです。

まずもうすぐ辞めるからといって、その仕事をすることに変わりはないので、最後まで手を抜くことなくやりきることが大切だと思います。

周りの目が気になるかもしれませんが、周りを気にしすぎても考えすぎてもあまり良くないと思うので、そこは割り切って、その会社に所属している間は、そこで働いている方々と最後まで良好な関係を築いていきたいものです。

人それぞれ事情がある訳ですから、辞めることに気を遣いすぎることもないと思います。そして、最終的には自分自身もここで働けて幸せであった、良い経験ができて良かったと感謝の気持ちが伝えられたら良いなと思います。

きっとここでの経験が、これからの人生で役立つ時がくると思います。だから、辞めることは前向きに捉えて、次へのステップに進んでいってほしいです。

 

まとめ バイトを辞めるまで気まずい場合の解決策は?口コミ紹介!

ここでは、バイトを辞めると伝えて方、辞めるまでに気まずい場合の状況やその解決策について、生の声を紹介しました。

これらの中であなたが参考になるものをピックアップし行動することで、気まずい状況の改善につながれば幸いです。

一度きりの人生ですので、気まずい状況などを減らし毎日をより楽しんでいきましょう。