生活全般

倍率2倍とはどのくらい?受かるのは難しい?2.5倍、2.4倍なども解説

「倍率(志願倍率・競争倍率)」という言葉をよく見かけますよね。

ただこの「倍率」という言葉はややこしく、理解できていない人が多いです。

中でもここでは、この「倍率2倍(志願倍率・競争倍率)」に着目して「倍率2倍とはどのくらい?何人に1人?」「倍率2倍は受かるのが難しい?」「倍率2.2倍、2.3倍、2.4倍、2.5倍はどのくらいか?」について解説していきますので、参考にしてみてくださいね♪

倍率2倍とはどのくらい?何人に1人?

それではまず倍率2倍がどのくらいか?をチェックしていきます。

結論として倍率2倍とは「2人のうち1人、つまり半分が受かる倍率」を指しています。

倍率自体(志願倍率、競争倍率)の意味はこちらで詳しく解説のため併せて確認してください♪)

そして倍率2倍を始めとした「倍率A倍」とは、A=志願者数 ÷ 合格者数(募集人数)にて求められます。

倍率2倍ではA=2となるわけで、

、志願者数が2人で合格者1人

、志願者数が150人で合格者75人

などが例として挙げられるのです。

倍率2倍は受かるのが難しい?基準を解説

倍率2倍の意味は上述の通りですが、倍率2倍で受かるのは難しいか?気になる人は多いです。

結論からいいますと、高校受験、大学受験、就職などどのようなイベントであっても、倍率2倍に対するイメージは個人によって大きく変化します。

これは「倍率2倍に対する感じ方」はあくまで個人による、抽象的なもののためです。

ただ、私個人としては

・倍率2倍は少々高めと思うが、頑張れば十分に合格できる

と感じますね。

高校・大学受験、就職とやってきましたが、おおよそ上のようなイメージでした。

また倍率2倍は受かるのが難しい。。と弱気でいるより、簡単に受かる!とポジティブでいった方が合格しやすいと思うため、この考えをおすすめします。

倍率2.2倍はどれくらい?何人に1人?

倍率2.2倍がどれくらいか?気になる人もいるでしょう。

上の倍率A倍の計算式に当てはめますと、倍率2.2倍では「22人志願者がいた場合、10人合格する」ことになります。

倍率2倍より少子狭き門になるわけです。

倍率2.3倍はどれくらい?何人に1人?

倍率2.3倍がどれくらいか?気になる人もいるでしょう。

上の倍率A倍の計算式に当てはめますと、倍率2.3倍では「23人志願者がいた場合、10人合格する」ことになります。

倍率2.2日4倍はどれくらい?何人に1人?

倍率2.4倍がどれくらいか?気になる人もいるでしょう。

上の倍率A倍の計算式に当てはめますと、倍率2.4倍では「24人志願者がいた場合、10人合格する」ことになります。

倍率2.5倍はどれくらい?何人に1人?

倍率2.5倍がどれくらいか?気になる人もいるでしょう。

上の倍率A倍の計算式に当てはめますと、倍率2.5倍では「25人志願者がいた場合、10人合格する」ことになります。

 

まとめ 倍率2倍は受かるのが難しい?2.5倍、2.4倍、2.3倍、2.2倍は何人に1人?

ここでは「倍率2倍とはどのくらい?何人に1人?」「倍率2倍は受かるのが難しい?」「倍率2.2倍、2.3倍、2.4倍、2.5倍はどのくらいか?」について確認しました。

倍率2倍は良く見かけるため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな知識を身につけ日々の生活に役立てていきましょう。