JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
数え方

エアコンの数え方は台や基か?扇風機や換気扇やこたつなど(空調機関係)の単位の数え方も併せて解説!

私たちが何気なく生活している中でさまざまな物の数え方を知りたくなる時がありますよね。

中でも身近なものの1つである「エアコンの数え方や、扇風機、換気扇、こたつなどの空調機関係の数え方の単位」は知られているようであまり知られていないですが、あなたは理解していますか。

ここではこれらに着目して「エアコンの数え方の単位は台や基か?扇風機、換気扇、こたつなどの空調機関係の数え方の単位」について解説していきますので、参考にしてみてください。

エアコンの数え方の単位は基や台か?【空調機の単位】

それでは以下でエアコンなどの空調機の数え方の単位について解説していきます。

結論からいいますと、エアコンの数え方の単位は厳密な定義はないものの「基」「台」を使うのが一般的です。

特に、固定されている大きなものに対しては1基、2基・・・と数えるため(公園のベンチの数え方など)、既に部屋の中に取り付けられたエアコンに対しては「基」という単位を使用するといいでしょう。

なお、設定する前のエアコンは1台、2台と数えることもありますが、基本的には取り付けられていりう状況がほとんどと思いますので、個人的には「基」の方がよりしっくりきますね。

また家電量販店などで商品としてエアコンを数える場合では、点を使用するケースもあります。

 

扇風機の数え方の単位は?【空調機関係の数え方の単位】

続いて、エアコンと似たように、温度を調整する装置の扇風機の数え方の単位についても見ていきましょう。

扇風機の数え方もエアコンと同様であり、「台」「基」「個」を使うのが一般的です。

この時、扇風機はエアコンと違い、固定されていない場合が多い事から、一般的な家庭であれば「台」を使用するといいです。

なお、最近では小型の卓上や携帯用扇風機も販売されており、これらはサイズが小さいことから1個、2個と数えるため、注意しましょう。台はあくまで比較的大きなものに適用する数え方の単位なのです。

また、旅館などでは天井に扇風機が設置されているようなこともありますが、この場合は「固定されている」という観点から、1基、2基と数えるといいでしょう。

ものは同じでも、状況やそのサイズ・形状によって数え方が変化するのです。

 

換気扇の数え方の単位は?

さらには、空調機とは少しことあるものの、換気扇の数え方についても当記事で解説していきます。

換気扇の数え方としても、上と同様に「基」で数えるケースがほとんどです。まれに台とも数えると理解しておきましょう。

換気扇を1基、2基と数える理由としては、上と同じであり「比較的大きいものであり、固定されているため」です。

、あた、外された状態の換気扇であれば1台、2台と数えることもあるものの、普通に生活している人では、あまり使用しないことでしょう。

 

こたつの数え方の単位は?

さらには、暖房機器といえるこたつの数え方の単位も見ていきましょう。

結論からいますと、こたつの数え方の単位も「台」「基」を使用するのが基本です。

基本的に家庭にあるこたつであれば、移動できるものとなってるため、こたつ1台、2台と数えるといいです。

逆に、お店などに設置されているような固定されているこたつ(掘りごたつなど)であれば、1基、2基と数えましょう。

状況に応じてこたつの数え方と使い分けるのがおすすめです。

 

まとめ 扇風機や換気扇やこたつなど(空調機関係)の単位の数え方も併せて解説!

ここではエアコンの数え方は本か?扇風機、換気扇、こたつなどの空調機・暖房機器関係の数え方の単位について解説しました。

空調機関係の用語といっても種類がいくつかあるものの、各々の数え方はほぼ同じと覚えておくといいです。

さまざまな数え方を学び、日々の生活に役立てていきましょう。