科学

60φは何ミリで何センチ(長さや直径)?60パイとの違いや読み方は?【ドリルなど】

ドリルや配管などを扱う際に、60φや60パイといった表現を見ることがよくあります。

ただ、この60φや60パイは馴染みがなくなかなか覚えにくいもの。

そんなこともあり、ここでは「60φや60パイ」に着目し「直径や長さで見かける表現の60φは何センチで何ミリか?60パイとの違いや読み方は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

60φは何ミリで何センチ(長さや直径)?

それでは以下で60φは何ミリで何センチか?について見ていきます。

まずφの意味は、直径の長さを表す補助記号です。半径ではないため、注意しましょう。φの読み方は「ファイ」です。

そして60φとは、この直径の長さが60mm(60ミリメートル)を表しています。

ドリルなどでこの60φが記載されていれば、60ミリの穴を開けるための工具を意味しているのです。

ただ、現在では60φでもある程度表現として一般的とになってきているものの、φ60が正確な表現です。そのため「ファイゴジュウゴ」と読むと覚えておきましょう。

直径(φ)が60mmという説明に対応しているわけです。

おそらく60φと誤記される理由としては、電気配線の1φ3wなどの1φ(単相を意味)の表現に習って、1φと「数字+φの順」に書いてしまっているのかな?とも思います。

φ60は何センチ

さらにはφ60が何センチか?についても、みていきましよう。

上のφ60=60mmと、60mm=6.0cmを組み合わせますと

φ60=6.0センチ

と変換できます。

こちらも半径ではなく、直径の長さを意味します。

φの扱いはややこしいため、覚えておきましょう。

60パイと60φ(φ60)の違い

なお直径や長さの表現として、60パイという記載をたまに見かけます。

これは上述の60φ(正しくはφ60)の読み方を「ファイ」ではなく「パイ」と誤認識しているものです。

そのため、60パイ→60φ→φ60を意味しているケースが多く、60mmの直径を表しています。

同様に60パイは6.0センチの直径を意味している場合が多いです。

まとめ 60φは何センチで読み方は(長さや直径)?60パイとの違いや読み方は?【ドリルなど】

ここでは「60φは何ミリで何センチ(長さや直径)?60パイとの違いや読み方は?」について確認しました。

60φの意味や読み方は覚えにくいため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな数値処理に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓