生活全般

30分を1.5倍速で見ると何分?1時間や2時間では?

映画やYouTubeなどの動画を見る時、1.5倍速などの早送りをしたい時がありますよね。

この際、元の映画を1.5倍速にすると視聴時間が何分ほどになるのか?気になることが多いです。私自身もそうです♪

中でもここでは元の動画などが「30分・1時間・2時間」の場合に、1.5倍速にすると何分くらいになり、いくら短縮されるのか?について確認していきますので、参考にしてみてくださいね♪

30分を1.5倍速で見ると何分?【早送り再生】

それではまず元の動画が「30分」の場合に1.5倍速にすると、どのくらいかかるのか?見ていきましょう。

結論からいいますと、30分を1.5倍の速度で視聴すると、20分かかります。10分間を短縮できることになりますね。

A倍速の場合、「元の動画の長さ÷A」にて視聴時間を求めることができるため、

・30 ÷ 1.5 = 20

という計算式が成り立つのです。30ー20=10分が短くなった時間であり、この分効率よく過ごすことができます♪

 

1時間を1.5倍速で見ると何分?

元の動画が「1時間(60分)」の場合に1.5倍速にすると、どのくらいかかるのか?見ていきましょう。

結論からいいますと、1時間を1.5倍の速度で視聴すると、40分かかります。20分間を短縮できることになりますね。

A倍速の場合、「元の動画の長さ÷A」にて視聴時間を求めることができるため、

・60 ÷ 1.5 = 40

という計算式が成り立つのです。60-40 =20分が短くなった時間であり、この分効率よく過ごすことができます♪

2時間を1.5倍速で見ると何時間何分?

元の動画が「2時間(120分)」の場合に1.5倍速にすると、どのくらいかかるのか?見ていきましょう。

結論からいいますと、2時間を1.5倍の速度で視聴すると80分(1時間20分)かかります。40分間を短縮できることになりますね。

A倍速の場合、「元の動画の長さ÷A」にて視聴時間を求めることができるため、

・120 ÷ 1.5 = 80

という計算式が成り立つのです。120-80 =40分が短くなった時間であり、この分効率よく過ごすことができます♪

 

まとめ 1時間や2時間を1.5倍速で見ると何分?何時間?

ここでは元の動画などが「30分・1時間・2時間」の場合に、1.5倍速にすると何分くらいになり、いくら短縮されるのか?について解説しました。

程よく早送り設定にすると、内容も楽しめつつ、効率よく過ごすことができるためおすすめです♪

さまざまな知識を身に着け、日々の生活に役立てていきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓