科学

1kmは何m?1mは何km?2kmは何m?2mは何km?【km(キロメートル)とm(メートル)の変換(換算)方法・違い】

日常生活において、よく単位の変換を行う場面があるでしょう。

たとえば、長さの単位としてkm(キロ)とm(メートル)を使用することがありますが、これらは良く変換が求められるため、処理に慣れておくといいです。

ここでは、1kmは何m?1mは何km?2kmは何m?2mは何km?というkm(キロメートル)とm(メートル)の変換(換算)方法・違いについて解説していきます。

1km(キロ)は何m(メートル)1mは何kmか【変換方法】

それでは長さの単位のkm(キロメートル)とm(メートル)の変換方法を見ていきましょう。

結論からいいますと、1km=1000mと変換できます。

これはk(キロ)という接頭単位はその後に続く単位(今回はm)の1000倍を意味するものであるため、1km=1000mと変換できるわけです。

逆にメートル基準で考えれば、1m=0.001kmとなります。

長さの単位は色々ありややこしいため、この機会に覚えておきましょう。

 

2km(キロ)は何m(メートル)? 2mは何kmか【変換方法】

さらには、km(キロメートル)とm(メートル)の換算として、2km(キロ)は何m(メートル)? 2mは何kmか?も見ていきましょう。

結論からいいますと、2km=2000mです。

これは上述の通り1km=1000mの関係にて、両辺を2倍した数式となります。

逆にm(メートル)基準で考える場合は、2m=0.002kmと変換できるのです。

メートル(m)とキロメートル(km)にてどちらの方が長い単位か間違わないように気を付けるといいです。

 

まとめ 1mは何kmか?2kmは何m?2mは何km?【km(キロメートル)とm(メートル)の変換(換算)方法・違い】

ここでは1kmは何m?1mは何km?2kmは何m?2mは何km?という計算をとおして 、km(キロメートル)とm(メートル)の変換(換算)方法・違いについて確認しました。

・1km(キロメートル)=1000m(メートル)

・1m(メートル)=0.001km(キロメートル)

と単位変換できますね。

きちんとkmとmの単位換算に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。