科学

12の階乗(12!)の答えと計算方法(エクセルでも)

日常生活や科学的な処理を行う時に「計算」が必要となることが多いです。

その中でも「階乗」が苦手な方の割合が高いと感じています。

そんなこともあり、ここでは数値の「12」に着目して、12の階乗の答えや計算方法は?12の階乗の記号表記(!、エクスクラメーションマーク)、エクセルでの12の階乗の求め方、を以下にまとめましたので、参考にしてみてください♪

12の階乗の答えと計算方法

それでは以下で12の階乗の答えと計算方法について確認していきます。

結論として、12の階乗 = 479001600と計算できます。

具体的な12の階乗の求め方は、以下の通りです。

計算式:12 × 11 × 10× 9 × 8 × 7 × 6 × 5 × 4 × 3 × 2 × 1 =479001600

一般的に整数nの階乗の算出方法とては「n × n-1 ×・・・ 2 ×1」のnから1ずつ引いていったものを掛け合わせればOKですね。

12の階乗の記号は12!答えと計算方法

なお、12の階乗は記号!(エクスクラメーションマーク、通称ビックリマークなど)を用いて表現できます。

単純に数値の後に!をつけるとよく、12の階乗では12!となるわけです。

数式にすると12!=479001600と書けばOKです。

12の階乗のエクセルでの出し方

なお、エクセルなどのデータ処理ツールを使っても12の階乗は計算できます。効率的に処理できるので、使用可能な場面であればおすすめです。

具体的には、12の階乗を出力したいセルに=FACT(12)と入れましょう。

エンターにて処理を確定させます。

これだけでエクセルでの12の階乗の計算が完了となりますね。

なお、近い数値の

11の階乗(11!)の答えと計算方法(エクセルでも)

10の階乗(10!)の答えと計算方法(エクセルでも)

で解説しているため、併せてチェックしてみてください♪

まとめ 12の階乗(12!)の答えと計算方法(エクセルでも)

ここでは、ここでは数値の「12」に着目して、12の階乗の答えや計算方法は?12の階乗の記号表記(!、エクスクラメーションマーク)、エクセルでの12の階乗の求め方、について確認しました。

階乗計算はミスしやすいので、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな知識を身につけ、日々の生活に役立てていきましょう。