JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
科学

10mlは何cc(何シーシー)か?20mlは何ccか?30mlは何ccか?40mlは何ccか?

料理であったり、計算をしたりする場合によくL(リットル)とml(ミリリットル)の変換が必要になることってありますよね。

そんな時に、1mlは何cc(何シーシー)か?2mlは何ccか?3mlは何ccか?4mlは何ccか?と一覧表があると「とても便利」と個人的にいつも感じています。

このようなこともあり、この記事では「10mlは何cc(何シーシー)か?20mlは何ccか?0は何ccか?40mlは何ccか?」という変換がすぐにわかるよう、まとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

10mlは何ccか?【1ミリリットルは何シーシーか?】

cc(シーシー)やml(ミリリットル)の単位変換はだいぶややこしいですよね。

実は、1ml=1ccと換算できるため(カタカナ表記では1ミリリットル=1シーシー)、10ml=10ccと変換できます。

これは定義なので覚えておくしかないですが、各々の単位の前につく数値は同じとなるので忘れにくいことでしょう。

ただ料理などの場面で主にcc、科学などの分野でmlをよく見るように感じます。

 

20mlは何ccか?【20ミリリットルは何シーシーか?】

上のように、1ml=1ccという単位変換の式が成り立ちます。

そのため、20mlは何ccかと聞かれれば、20ml=20cc(カタカナ表記では20ミリリットル=20シーシー)と換算できるのです。

数値が「20」に変わったとしても、ミリリットルとシーシーの関係は変換しないため、このようになるわけです。

 

 

30mlは何ccか?【30ミリリットルは何シーシーか?】

なお、値が「30」に変化したとしても、基本的に変換方法は同じですね。

上の1ml=1ccという単位変換の式を用いますと、30ml=30cc(カタカナ表記では30ミリリットル=30シーシー)と単位変換できます。

同じパターンとわかってきましたね。

40mlは何ccか?【40ミリリットルは何シーシーか?】

さらに、値が「40」に変化したとしても、基本的に変換方法は同じですね。

上の1ml=1ccという単位変換の式を用いますと、40ml=40cc(カタカナ表記で40ミリリットル=40シーシー)と単位変換できます。

計算間違いには気を付けましょう。

 

まとめ 10ミリリットルは何シーシーか?20mlは何ccか?30mlは何ccか?40mlは何ccか?

ここでは、10mlは何cc(何シーシー)か?20mlは何ccか?30mlは何ccか?40mlは何ccか?について解説しました。

ミリリットルとリットルの計算式は基本的に同じのため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな単位変換に慣れ、日々の生活をより快適に過ごしていきましょう。