イメージ・印象

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつくか?魅力・有名なものを徹底紹介!【口コミ】

自分が住んでいる都道府県に対するイメージ・印象について知りたくなることが良くありますよね?

私自身はよくあります(^^)/

そんなこともあり、今回は日本の都道府県の中でも鳥取県に着目して「鳥取県のイメージ・印象や、鳥取県といえば何を思いつくか?魅力や有名なものは?」について、口コミを徹底紹介していきますので参考にしてください♪

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの1

それでは、30代女性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

私の中で鳥取県といえば、海が綺麗なことと、やはり砂丘が思いつきます。

ただ、鳥取県には他にも色々な魅惑的な物があります。

例えば松葉ガニです!数年前に、夫とかにバスツアーに参加して、食べきれない程の蟹料理を堪能し、本当に美味しかったのです。

もうそれだけでも他の県にはない魅力だと思いますが、通な方から教えていただいたのが「鳥取に行ったら是非、白イカを食べてみて!」とのこと。

言われた通り「白イカ」を現地で購入し食べてみた所、今まで食べてきたイカとは違う上品な甘さとプリプリした食感に、虜になってしまいました。

なので、鳥取県と言ったら普段は食べられない美味しい魚介類がたくさんある県というイメージです。また綺麗な海と美味しい料理を堪能したいです

 

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの2

続いて、20代男性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

まず鳥取砂丘が綺麗で異国の雰囲気が漂っている。

さらに日本海もかなり綺麗であり、カニをはじめとした海鮮がおいしいイメージがあります。

また、境港市には水木しげるロードがあり、水木しげるファンの私からすればとても興味深い町です。

中国地方の中でも山が多いイメージがあり、自然豊かなところだと思います。冬には日本海側で雪が多く降るため、日本の春夏秋冬を味わうにはもってこいの場所です。

人口も比較的少ないため、住んだことはないが、住みやすいと感じます。近年では、スターバックスコーヒーが進出するといった新しい試みが成されているため、これからまだまだ伸びしろのある県だと思います。

何度か旅行で訪れましたが、また来たいと思わせるような場所でした

 

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの3

続いて、20代女性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

人口が少ない割に、観光地や穴場スポットが多い。

車があれば簡単に兵庫、岡山などのアウトレットや大型ショッピングモールにもいけるからプチ遠出とか、カップルのデートはもちろん、家族でも出かけやすい場所。

山も海もあるから、自然豊かでコロナ中でもあまり人と接触せずに、楽しめることがたくさんある。

また、山や海が近いので、景色が良いところが多く、癒されスポットがあったり、空気がとても綺麗。

たしかに田舎かもしれないけど、田舎の中での楽しい生活や、住み心地は抜群だと思います。車の運転も都会に比べたら少なく、本当に快適。

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの4

続いて、60代女性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

鳥取県といえば一番最初に思いつくところは鳥取砂丘です。

観光して歩くことができる日本最大の砂丘で、ラクダに乗って遊覧したりもできます。

鳥取城跡もあり、鳥取城は豊臣秀吉の兵糧攻めでも有名な城です。また皆生温泉などの温泉街があり、近くには皆生温泉海水浴場もあります。

その他にも浦富海岸があり、ここの絶景は国指定名勝にも指定されていて洞門、洞窟などもあり、浦富海岸島めぐり遊覧船を楽しむこともできます。

因幡の白うさぎの舞台でもあると言われている白兎神社があり、神話にちなんで「皮膚病ややけど」などに効く神社としても知られています。

鳥取県境港市には水木しげる記念館や妖怪たちが所々にいる水木しげるロード、妖怪神社など、鳥取県には日本人だけでなく外国人、老若男女が楽しめる場所がたくさんあります。

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの5

続いて30代男性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

鳥取県は土地が広く、また、地価も安いので割と広めの住居を構えたり、借りることができるので、のびのびと暮らせます。

山や池や川などの自然が多いので、都会に比べると空気が澄んでいて気持ちが良いです。

さらに砂丘といった「他の土地ではあまり見られない独特な自然」もあるのもポイントです。また、冬は日本海側なので積雪しますが、その分人工の雪ではなく、天然の雪でスキーやスノボーができるのは魅力的です。

さらに、近くの港からカニが水揚げされるので、新鮮なカニが食べるのも魅力的なポイントです。

年中を通して日本海側の新鮮な海な幸が食べるので魚やお刺身がすきな人にはたまらない環境です。なし、すいか、落花生などの美味しい食品も多く生産されています。なんといっても地元の人が温かいです。

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの6

続いて30代女性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

鳥取県といえば漫画・アニメで有名な「名探偵コナン」の作者である青山剛昌氏の故郷ということが1番に思い浮かびます。

老若男女のファンがいる「名探偵コナン」のミュージアムは、コナンファンなら一度は訪れてみたい先であり、現地でしか見ることのできない作品が楽しめます。

コナンファンならずとも、必ず楽しめる旅先の一つです。

また、「鳥取砂丘」では日本で唯一⁈ラクダに乗ることができるため、普通の動物好きとは一線を画した体験ができると思います。

グルメ面では、ご当地のお洒落な名物スポット、「すなば珈琲」(ネーミングセンスが最高です!グッズもお土産に最適!)で美味しいコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

鳥取県のイメージ・印象は?鳥取県といえば何を思いつく?魅力や有名なもの7

続いて40代女性からの鳥取県といえば何を思いつくか?」というイメージ・印象についての口コミを紹介していきます。

鳥取県の平井知事さんの、メディア出演や、蟹の被り物をするなど、人口最下位だけど、鳥取をアピールする気持ちが凄く伝わります。

また、スタバがない頃、鳥取砂丘にあやかって「すなば珈琲」を出したり、アイデアのある方だと感じます。

地元を盛り上げようと言う気持がひしひしと伝わってきます。

また、自然も多くて、大山やパワースポットで有名なの三徳山もあります。空気が綺麗なので、星が綺麗に見られるスポットが多くあります。

コナンの作者さんも鳥取県出身なので、「青山剛昌ふるさと館」もあります。砂丘の近くには砂の美術館もあり、毎年テーマに沿った創作をされています。

海鮮も美味しく、蟹も有名です。また、境港市には、水木しげるロードがあり、多くのキャラクターの像があります。見所たくさんの鳥取県です。

 

まとめ 鳥取県といえば何が有名なものか?魅力・イメージ・印象は?【口コミ】

ここでは「鳥取県のイメージ・印象や、鳥取県といえば何を思いつくか?魅力や有名なものは?」に関する口コミを紹介させていただきました。

旅行などで鳥取県を訪れる際には、ぜひ上の意見・口コミを参考にしてみてくださいね。

日本の魅力を理解し、毎日の生活をもっと楽しんでいきましょう。