生活全般

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説!

普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することはありますよね。

たとえば「太鼓の達人の練習を見られるのが恥ずかしい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「 太鼓の達人の練習が恥ずかしい」と思っていたけれど、克服できた人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ1

それでは以下で20代男性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

練習時の恥ずかしさの対策としてはやはり「人が少ない時間帯に行く」しかないと思います。

太鼓の達人は音ゲーの中でも特に有名で、子供から大人まで幅広い層がプレイしています。勿論初級者から上級者までいます。

音ゲー全般に言える事ですが、高難易度でフルコンボやノルマクリアを決めるとギャラリーも増えてカッコいいのですが、失敗してしまうと残念がられたり失笑されたりして恥ずかしい思いもしてしまいます。

練習するといっても人が多い総合施設の中のゲームセンターでは人の目が気になります。子供達もプレイしたりするので、人目の少ない小さなゲームセンター等に行って朝の早い時間や平日に練習するのがおすすめです。

 

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ2

続いて30代女性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

練習が恥ずかしいのを克服するにはやはり「慣れ」の影響が大きいと思います。

学生時代に友達とゲームセンターに行き、友人が太鼓の達人をしている姿を見てかっこいいなぁと思ったのがはじまりでした。

テンポ良く叩く姿に憧れて私もしてみましたが、なかなかリズムが合わず上手くできませんでした。それに加え、太鼓の達人をしていると誰かしら見てくる人がいるので、その目が気になり上手くできないどころか楽しむこともできずにいました。

しかし、やっぱり上手くなって私もかっこよくしてみたい!という気持ちから研究が始まりました。

最初は人の少ない時間帯に行って練習。次に他の人がやっているのを見てみたり動画を見てみたりして「あぁ、他の人の目線が気になっていたけど意外と気にせずしている人もいるんだなぁー」とか、そんな風に観察していると、慣れもあったのかもしれませんが周りの目はそんなに気にならなくなりました。

すると練習にも集中でき、どんどん上達していくのが嬉しかったです。苦手な部分は研究と慣れで乗り越えられた気がします。

 

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ3

続いて20代男性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

ゲームセンターで太鼓の達人がめちゃくちゃ上手な人を見かけて、自分も興味をもちました。

最初は人の目が気になって恥ずかしかったです。冷静に考えてみると他人はそこまで自分のプレイなんて見てないのですが(笑)

気になっている時期は人が少ない時間帯を狙ってゲームセンターに行っていました。

太鼓の達人は長く続いているゲームなこともあってコミュニティが出来ており、上手な人と音ゲー仲間になることもよくありますよ。

仲間が出来てからは人が多い時間帯でも楽しくプレイすることができるようになりました。

 

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ4

続いて30代男性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

太鼓の達人の練習で恥ずかしい場合には、プレイステーションの太鼓の達人(タタコン付き)を使うのがおすすめです。

中学時代の同級生と久しぶりに飲みに行ったところ意気投合し、それから頻繁に遊ぶようになりました。

その友人と時々ゲームセンターに行っていたのですが、太鼓の達人を一緒にやることが何度かありました。

私はリズムゲームには自信があり、太鼓の達人も「難しい」レベルなら簡単にクリアできるくらいの腕はあったのですが、その友人には負けてしまうことが多々ありました。

何度も負けてしまうのは悔しいのですが、いい歳をした大人がゲームセンターで一人黙々と太鼓の達人の練習をするのは恥ずかしいので、リサイクルショップでプレイステーションの太鼓の達人(タタコン付き)を安価で購入し、練習を重ねました。

太鼓をたたいたときの反応がゲームセンターの太鼓の達人より悪く、感覚の掴み方が難しかったですが、ある程度上達し友達に勝利する確率も上昇しました。

一人でコツコツ練習するとやはり上達するものです。練習は裏切らないと感じました。

 

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ5

続いて20代女性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

太鼓の達人は機体も音も大きく、ゲームセンターの中でも目立つ場所に設置されている場合が多いですよね。

友達と一緒ならいいのですが、下手くそな自分が一人でするには恥ずかしいと感じることが多いです。

そこで、人の少ないゲームセンターに行ってみたり、自宅から遠く知り合いに会わなそうなゲームセンターに行って練習していました。

YouTubeにプレイ動画がたくさんあるのでそれを見て自宅でも練習しました。プレイ動画でバチの振り方を見たり、譜面だけの動画を見ながら家にあるクッションを叩いて練習したりしました。

ある程度できるようになってきてゲームセンターに行くと、一人プレイでもあまり恥ずかしくならなくなってきました。

 

太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法の口コミ6

続いて20代女性からの「太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私はよく太鼓の達人をするのですが、全然上手じゃないので隣に上手い人が来た時はいたたまれなくなります。

そんな時、個人的におすすめなのは、あえて難しめの難易度を選んでやることです。

譜面を追いかける事で精一杯なので、まわりの視線は気にならなくなります。となりに上手い人がいてもへんに意識する暇もなくなりますよ。

最初は上手くなくてもやっていくうちに上手くなるものです。好きならあえて難しい難易度に挑戦し、必死に食らいついて周りが気にならなくなるまで練習してみてください。

 

まとめ 太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説!

ここでは、太鼓の達人の練習が恥ずかしい場合の克服方法について紹介させていただきました。

恥ずかしさを乗り越えれば、新しい世界が広がるはずです。

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓