JIN Demo Site 11
真の使いやすさを追求した
WPテーマ『JIN』
世界の情報

シンガポールの人口や面積は日本の何倍か?順位や世界での 割合はどのくらい?【世界ランキング】

シンガポールといえば、マーライオンやチャイナタウンなどたくさんの観光スポットがある国ですね!

上のようにシンガポールに対するざっくりとしたイメージはできるものの、そのシンガポールでは面積がどのくらいで、人口はどの程度なのか?などの具体的な情報について知らない人が多いでしょう。

ここでは、このシンガポールの人口や面積は日本の何倍か?順位や世界での割合はどのくらい?(世界ランキング)についてまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

シンガポールの面積は日本の何倍くらいか?

結論からいいますと、シンガポールの面積は日本の面積の約0.001倍ほどです。

日本よりとても小さい面積という事がわかりますね。

 

それではまずシンガポールの面積はどの程度で、それが日本の何倍くらいに相当するのかについて見ていきましょう。

まずシンガポールは世界地図において、以下のような位置の国であり、その面積は697km2(平方キロメートル)となります。

より引用

 

一方で、日本の面積は377900km2(平方キロメートル)といえます。

約40km2万弱と覚えておくといいです。

そのため、シンガポールの面積が日本の何倍くらいかと聞かれれば

計算式:697/377900 =約0.001倍

となるわけです。

 

 

世界におけるシンガポールの面積の割合や順位は?【世界ランキング】

そしてこのシンガポールの面積の世界全体(陸)に対する割合は約0.0005%ほどとなります。

この計算について考えていきましょう。

まず世界の陸の面積すべては、約147244000km2と約1億5千万弱km2程度です。

この数値で先ほどのシンガポール の面積を割ると割合が求められ、

697/147244000=0.0000047・・・=約0.0005%

より約0.0005%が世界に対するシンガポールの面積の割合となるのです。

シンガポールの面積の世界順位(世界ランキング)では180位に入っています。

             https://ecodb.net/ranking/area.htmlより引用

 

シンガポールの人口は日本の何倍くらいか?

今度はシンガポールの人口に着目していきましょう。

結論からいいますと、シンガポールの人口は日本の人口の約0.05倍ほどです。

このシンガポールの人口について詳しくみていきましょう。

シンガポールの人口は約585万人ほどです。

一方で日本の人口は約1億2600万人ほどです。

そのためシンガポールの人口が日本の人口の何倍かと聞かれれば、

5850343/ 126000000 =0.046・・・=約0.05倍

となるわけです。

 

世界におけるシンガポールの人口の割合や順位は?【世界ランキング】

さらに、このシンガポールの人口の世界全体に対する割合は約0.07%ほどとなります。

この計算について考えていきましょう。

まず世界の人口すべては、約78億人程度です。

この数値で先ほどのシンガポールの人口を割ると割合が求められ、

5850343/ 7800000000=0.00075・・・

より約0.07%が世界に対するシンガポールの人口の割合となるのです。

 

さらにシンガポールは世界人口ランキング112位(2020年)に入っています。

2020の人口別国 (populationpyramid.net)より引用

 

まとめ シンガポールの面積は日本の何倍か?順位や割合はどのくらい?【世界ランキング】

ここでは、シンガポールの人口や面積は日本の何倍か?順位や世界での割合はどのくらい?(世界ランキング)について解説しました。

国の特徴を理解する上で面積や人口は重要のため、この機会に理解しておくといいです。

さまざまな国の情報を学び、日々の生活に役立てていきましょう。