生活全般

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

普段生活している中で「恥ずかしい・・」「でも克服してもっと楽しみたい!」といった出来事に遭遇することがありますよね。

たとえば「カラオケや歌が下手で恥ずかしい・・」と感じる人は意外と多いです。

ここではこの「カラオケや歌を恥ずかしいと思っていたけれど、これらを克服した人たちに「乗り越えられたポイント」をお聞きしましたので、参考にしてみてください♪

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ1

それでは以下で30代女性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私は歌うことが好きなのですが、ものすごく音痴でとても人前では歌えませんでした。カラオケが下手だと、当然ですがとても恥ずかしいですし。

でも歌が上手くなりたい、カラオケで上手く歌えるようになりたいという気持ちがずっとあったので、練習して克服することを決意。

まずはYouTubeなどで『歌が上手くなる方法』を検索し、家の中で動画を見ながら練習することにしました。

本当はお金に余裕があったらボーカルレッスンに通いたかったのですが、お金がないため、このような方法を試すことにしました。

しっかりと歌やメロディーを聴き、音程を意識しながら歌います。その声を携帯などで録音し、自分で聴いてみて、どの部分の音程が外れているのかを確認してまた歌います。

次に、歌が上手い友達にカラオケに付き合ってもらって、勇気を出して歌を聴いてもらいます。そしてどこがダメだったか、どうすれば上手く歌えるようになるかなどのアドバイスをもらい、それらを意識してまた歌います。

これの繰り返しです。

カラオケや歌が苦手という人は音程が取れないというのもありますが、やっぱり単純に気恥ずかしさに負けてしまっているように感じます。

なので、克服方法としては「一度勇気を出して歌ってみる」さらに何度も人前で歌って「歌うことに慣れる」ことと思っています。

 

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ2

続いて20代男性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

自分は音楽は好きですが、歌は全く上手くなく、人並み以下の歌唱力でカラオケがあまり好きではありませんでした。もちろん恥ずかしい気持ちもありました。

友人とカラオケに行く際も高い点数を取れたことはほぼ無い感じです。しかし、自分の持ち前のキャラで笑いに昇華できるようにもなりました。

しかし段々歌が上手くなりたくなり、曲を何度も何度も繰り返し聴いて歌うことを始めました。

すると、練習する前よりも上手くなっていることを感じ、歌が人並みぐらいに歌える曲ができました。そのからモノマネが得意だったというのもあり、歌手のモノマネのような感覚で歌い始めるとこれまでよりも楽に歌えるようになっていき、次第にカラオケに行くことも苦ではなくなりました。

自分のことを理解してくれている友人などとカラオケに行くことも得策かもしれません。

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ3

続いて40代男性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

カラオケが下手で恥ずかしい・・と感じる人は、やはり「歌うことを上達させる」のが解決策としておすすめです。

下手のまま盛り上げることに徹して、恥ずかしい気持ちを解消する・・などは何度が高いと思います。

そのため、まずは歌うことへの不安感を無くすため誰かと一緒に行くのではなく、ひとりカラオケから始めます。

テンポがゆっくり目で音程の取りやすい曲を選び一度歌ってみます。人気の曲であたったり大好きな曲というのは難しく上手く歌える人は少ないのです。

それと、歌うときは必ず自分のキーに合わせるように。聴いている感じで歌おうとすれば原曲キーとなり難易度も上がります。

なお、カラオケで飲む物も関係していて炭酸や甘い系ではなく水が良いてす。

そして、これが一番大事なのですが最初は上手く歌おうとしてはいけません。何故ならば余計な力が入り声帯の柔軟さが無くなる事で声も出ずらいと悪循環です。

下手でも良い、とにかく歌う事の楽しさを知ってください。上手い人の共通点が力を抜いて楽しくなんです。練習のしすぎで喉を痛めないよう気をつけてください。

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ4

続いて20代女性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

私は昔、カラオケや歌に苦手意識や恥ずかしさがあった。

何年も前にそのことを相談したところ、私の友人は、「別に歌手目指してるわけでもないんだし、楽しんで歌えばそれで十分なんだよ。」といってくれた。

そこで「上手くなくてもいいんだ」と思えるようになりました。そのため、私は歌が特に上達したわけではないけれど「マインドを変えることで歌うことへの恥ずかしさを克服できた」といえます。

それからは、カラオケも歌も楽しく歌えるようになりました。

今でもはじめてカラオケに行く人とは緊張しますが、うまくなくても楽しめばいいということを頭において遊ぶようにしています。

また、何かひどいことを言ってくるような人とは、それ以降一緒にカラオケに行かないという選択をしています。

この考え方は、ほかのことにも応用できるので、あの時この言葉をかけてくれた友人には感謝しています。

 

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ5

続いて20代女性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

カラオケで歌を歌うのは、音痴で下手な私にとって本当に恥ずかしかったです。

基本的にあまりカラオケに行きたくない派でした。あがり症な私にとって、人前で歌を歌うのは本当に苦手でした。それでも行く場面になることはありました。

最初の方は、周りの人に歌っていいよって言い、自分が歌わないようにしていました。ただ、歌わないといけない雰囲気の時は、なんとか歌える歌を1曲歌ってその場を凌いでいました。

これでは解決策などにはならないので、1人カラオケ行って、練習したりしていました。

1人カラオケなら他の人に見られないし聴かれないので、練習をしていました。音程出るのと採点で、知ってる曲の自分の声にあった曲を歌い、点数が良いのをひたすら練習していました。

あとは、イヤホンでその曲をひたすら聴いて覚えるようにして、カラオケでも自信持って歌えるくらいになりました。

やはり歌うことに慣れると、歌も上手くなりますし、歌うこと自体の恥ずかしさも軽くなるので、ぜひ試してみてください!

 

カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法の口コミ6

続いて20代男性からの「カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法」を紹介していきます

カラオケで上手く歌おうとしない事や、カラオケに行くメンバーの前などでしょっちゅう鼻歌歌うのが、個人的におすすめの「カラオケでの恥ずかしさ」を軽減する方法です。

そうすることで相手もこちらの歌の感じがわかるだろうし、相手に対する耐性も出来ます。

それと併せて下手だという事を先に伝えておくこと、あまりにも真剣に歌いすぎない事や、ノリの良い曲を選ぶ方が下手だからという恥ずかしさは軽減できると思います。

また、それでも気になる様なら最初の何曲かは皆んなに一緒に歌ってもらったり、合いの手を入れてもらう、相手を巻き込む様な感じに持っていくと楽しむ事ができます。

また歌が下手な人でも歌いやすいとされている曲を調べて、その中から自分が好きな曲を歌うと少し下手さと恥ずかしさがなくなると思います。

 

まとめ カラオケや歌が下手で恥ずかしい場合の克服方法を徹底解説

ここでは、カラオケや歌が下手で恥ずかしいと感じていた人の克服方法の詳細を紹介させていただきました。

カラオケなどの恥ずかしさを乗り越え、日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。



↓Amazonの日用品のお買い得情報↓