生活全般

乾燥わかめ大さじ1は何グラムで戻すと何倍?小さじ1は?

私たちが生活している中で「乾燥わかめ」を使う頻度は高いですよね。

そのため、この乾燥わかめ大さじ1や小さじ1は何グラム?戻すと何倍で何gになるか?を知りたい場合も良くでてきます。

私自身もそうです(^^)/

そんなこともあり、以下では「乾燥わかめ大さじ1や小さじ1は何グラム?戻すと何倍で何グラムになるか?」についてまとめていますので、参考にしてみてください♪

乾燥わかめ大さじ1は何グラムか?【重さ】

それではまず「乾燥わかめ大さじ1の重さは何グラムか?」について見ていきましょう。

乾燥わかめ大さじ1の重量は約3グラムです(製品などによりもちろん個体差はあります

詳しく見ていきましょう。

乾燥わかめだけに限らず、大さじ1の分量は15ml(15cc)と決まっています。

さらに乾燥わかめのかさ密度(実際に使う密度)は、乾燥わかめの種類や製品の状態・温度環境などによってある程度は変化するものの、普通に生活する上では約0.2g/ml(g/cc)あたりです。

そのため、

計算式:

・15 × 0.2 = 約3g

程度が乾燥わかめ大さじ1のグラム数となるわけです。

もちろんすりきり一杯できちんと測れているか?などでも乾燥わかめのグラム数は変化しますので注意しましょう。

 

乾燥わかめ大さじ1を戻すと何グラム?戻し率

続いて、乾燥わかめ大さじ一杯を水で戻した場合の重さをチェックしていきます。

乾燥わかめ大さじ1(約3g)を戻すと約30~33グラムとなります。

乾燥わかめは水で戻すとおおよそ10~12倍ほどに膨れることから

計算式:

3 × 10= 約30グラム

3 × 12 =約36グラム

と変換できるのです。

 

乾燥わかめ小さじ1は何グラムか?【重さ】

続いて「乾燥わかめ大さじ1の重さは何グラムか?」について見ていきましょう。

乾燥わかめ大さじ1の重量は約1グラムです(製品などによりもちろん個体差はあります)。

詳しく見ていきましょう。

乾燥わかめだけに限らず、大さじ1の分量は5ml(5cc)と決まっています。

さらに乾燥わかめのかさ密度(実際に使う密度)は、乾燥わかめの種類や製品の状態・温度環境などによってある程度は変化するものの、普通に生活する上では約0.2g/ml(g/cc)あたりです。

そのため、

計算式:

・5 × 0.2 = 約1g

程度が乾燥わかめ大さじ1のグラム数となるわけです。

もちろんすりきり一杯できちんと測れているか?などでも乾燥わかめのグラム数は変化しますので注意しましょう。

 

乾燥わかめ小さじ1を戻すと何グラム?どのくらい?

続いて、乾燥わかめ大さじ一杯を水で戻した場合の重さをチェックしていきます。

乾燥わかめ大さじ1(約1g)を戻すと約7グラムとなります。

乾燥わかめは水で戻すとおおよそ7倍ほどに膨れることから

計算式:

1 × 7 =約7グラム

と変換できるのです。

まとめ わかめ大さじ1は戻すと何グラム(戻し率も)?小さじでは?

ここでは、「乾燥わかめ大さじ1や小さじ1は何グラム?わかめ大さじ1や小さじ1を戻すと何gになるか?戻し率は?」について確認しました。

どれも重要なパラメータなので、この機会に覚えておくといいです。

乾燥わかめ大さじ1をはじめとして様々な知識を身に着けることで、日々の生活をより快適にしていきましょう。