Excel

【Excel】エクセルにて文字の上に線(エックスバー)を引く方法【ワイバー:平均など】

この記事では「エクセルにて文字の上に線(エックスバー:平均)を引く方法」について解説します。

統計学における平均値を表す“x̄”(エックスバー)をエクセルで表示させるには

・記号と特殊文字の使用

・図形(オートシェイプ)にて無理やり線を引く

といいです。

それではこれらの文字の上に線(エックスバー)を引く2通りの方法の詳細を解説していきます。

エクセルにて文字の上に線(エックスバー)を引く方法1【エックスバー:平均】

上のよう“x̄”(エックスバー)とは、統計学における平均値を表す記号です。

エクセルでエックスバーを表すには、「記号と特殊文字」を使用するといいです。

エックスバーを入力したいセルにカーソルを合わせ、「挿入」メニューの中の「記号と特殊文字」をクリックします。

「記号と特殊文字」のウィンドウが開きます。

赤枠の2ヵ所

フォント:MS Reference Sans Serif

文字コード:F7C2(小文字のxの上に線)

を設定し、「挿入」ボタンをクリックします。

エクセルにてエックスバーが入力されたのを確認できました。

なお他の形状のエックスバーが良い場合やワイバーを表示させたい時には、上の「記号と特殊文字」の中より、好みのものを選べばOKです。

 

エクセルにて文字の上に線(エックスバー)を引く方法2 【図形を使った方法】

次に図形(オートシェイプ)を用いエックスバーなどの文字の上に線を引く方法を確認していきます。

文字に図形(直線)を合わせてエックスバーを表現する、力技ともいえる手法です。

では手順を説明します。

任意のセルに“x”を入力し、「挿入」メニューの中の「図」をクリック。

「図形」の中にある「直線」をクリックします。

先ほど入力した“x”の上に線を引いてみましょう。

これでは“x”の文字とマッチしませんね。

線の色や太さを変えていきましょう。

「図形の形式」メニューをクリックし、「図形スタイル」の赤枠の部分をクリックします。

「図形の書式設定」ウィンドウが開きますので

線(単色)を選択

色:“x”の文字と同じ色を指定しましょう

幅:“x”の文字とバランスがよい太さに設定しましょう

設定が終わったら右上の「×」をクリックします。

細かな作業でしたね。

微妙な調整が必要ですので、エクセルの「表示」メニューの「ズーム」機能を使って作業することをおすすめします。

下図のように文字の上に線が入ったもの(エックスバー)が出来上がりました。

特殊文字と図形を比較してみましょう。

どちらも「簡単に挿入できる」「図形を作る細かい作業が面倒」などメリット・デメリットがありますので、理解したうえで活用してください。

 

まとめ 【Excel】エクセルにて文字の上に線(エックスバー)を引く方法

この記事では「【Excel】エクセルにて文字の上に線(エックスバー)を引く方法」について解説しました。

通常のフォントにない文字を表す場合、特殊文字であらわすことができます。

統計学など一般的に使用される記号は「特殊文字」にほぼ含まれていますので、まずはトライしてみましょう。

 

それでも見つからない場合は、図形を駆使して自分で作ることもできます。

エクセルが持つさまざまな機能を理解し、ぜひ業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊

created by Rinker
¥1,584 (2022/09/26 16:47:19時点 Amazon調べ-詳細)