Excel

【Excel】エクセルの折れ線グラフで0を表示しない(飛ばす)・無いデータを飛ばす(日付など)方法【値無しなど】

この記事では「エクセルの折れ線グラフで0を表示しない(飛ばす)・無いデータを飛ばす(日付など)方法」について解説します。

具体的には

・IF関数

・条件付き書式設定

を使用することで可能です。

それではサンプルを用いて見ていきましょう。

 

エクセルの折れ線グラフで0を表示しない(飛ばす)・方法【値無しなど】

下図は日々の売上Aと売上Bの合計をグラフで表示しています。

8日以降はまだ実績(値)がないため、売上が0のように見えている状態です。

このグラフの線を非表示にしておきましょう。

 

まず1日の合計セルに以下の式を入力します。

=IF(SUM(B2:B3)=0,NA(),SUM(B2:B3))

この式はIF関数で、

①売上Aと売上Bの合計が0であれば、

②エラーを表示する

③0でなければそのまま合計を表示する

という内容です。この式をすべての合計セルに適用します。

すると以下のように8日以降の売上合計がエラー表示になり、グラフの8日~10日の線が消えました。次にエラーを非表示にしましょう。

合計セルを全選択した状態で、ホームタブから「条件付き書式」を選択し、「新しいルール」をクリック。

新しい書式ルールウィンドウが表示されるので、「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。次のセルのみを書式設定の欄からエラーを選択し、書式(F)をクリック。

セルの書式設定ウィンドウが表示されるので、フォントの色をセルと同じ色に設定します。

そして「OK」をクリック。

すると以下のように折れ線でのエラーが非表示になります。

以上で完了です。

 

エクセルの折れ線グラフで無いデータを飛ばす(日付など)方法

今度は折れ線グラフでデータのない部分を飛ばす方法を説明します。

下図は日々の売上Aと売上Bの合計をグラフで表示していますが、3日と7日は休日のため売上がありません。

この状態で前項で解説したデータが0の非表示設定すると、以下のように3日と7日の値の線が表示されず、途切れたグラフになってしまいます。

これを解消していきます。2通りの方法を紹介しましょう。

売り上げを0として入力する方法

1つ目は休日の売上を0として表に入力する方法です。

3日と7日の売上Aと売上B欄に0を入力すると、以下のように売上合計が0になります。

すると以下のように3日と7日のグラフの値が0になり、線が接続されました。

 

データ自体の削除

もう1つの方法はデータのないセルそのものを削除することで可能です。

まず3日の上にあるDをクリックするとD列全てが選択されます。

Dの上にマウスカーソルを移動させて右クリックすると、コンテキストメニューが出てくるので、「削除」をクリック。

すると3日のデータが全部削除され、グラフが2日と4日で接続されます。

同じように7日のデータも削除します。

これでデータがなかった3日と7日が削除されてグラフの線がつながりました。

以上で完了です。

 

まとめ エクセルの折れ線グラフで0を表示しない(飛ばす)・無いデータを飛ばす(日付など)方法

この記事では「エクセルの折れ線グラフで0を表示しない(飛ばす)・無いデータを飛ばす(日付など)方法」について解説しました。

エクセルの折れ線グラフは関数を使用し、書式設定を変更することでグラフを見やすくすることが可能です。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊