Excel

エクセルにて入力すると別のセルの色が変わる(列・行・複数など)仕組みの作成方法

この記事では「エクセルにて入力すると別のセルの色が変わる(列・行・複数など)仕組みの作成方法」について、解説していきます。

基本的には「条件付き書式」で実装することになりますが、ルールの種類は1つではないので、どれを使用すればよいか迷うことも多々あります。

今回は下記を固定条件として説明させていただきます。

・ルールの種類は「数式を使用して、書式設定するセルを決定」

・数式はIs…などの条件に「当てはまる or 当てはまらない」を判定するタイプのものを使用

それでは「セル単体」「行全体」及び「列全体」の3つのケースにおいて、色を変える方法について解説します。

 エクセルにて入力すると別のセルの色が変わる仕組みの作成方法【セル単体】

まずはあるセルに何かしら入力されると、別のセル単体の色が変更される仕組みの作り方を見ていきましょう。

セルE1を選択し、リボンで「ホーム」→「条件付き書式」→「新しいルール」と進みます。

「新しいルール」ダイアログが開いたら、下記の設定を行います。

ルールの種類「数式を使用して、書式設定するセルを決定」

数式「ISTEXT(A1)」

この数式について解説します。

ISTEXT関数は、テストの対象として指定したセルの値がテキストであればTRUE、なければFALSEを出力する関数であり、

= ISTEXT (テストの対象)

と入力します。

 

数式を入力したら、「書式」ボタンを押して「セルの書式設定」ダイアログを開き、「塗りつぶし」タブを開いて、任意の色を1つ選択します。

OKボタンを押し、色を確定します。

「新しいルール」ダイアログのプレビューに設定した色が表示されていればOKです。

OKボタンを押すと、条件付き書式が確定します。

この状態でセルA1に「hoge」と入力すると色が変わります。

なお、文字列であればどのようなキーワードでも同じ動作をします。

 

エクセルにて入力すると別のセル(行全体)の色が変わる仕組みの作成方法

ここでは、あるセルに入力されると「別の行全体の色が変わる」方法について解説します。

セルA3を選択し、リボンで「ホーム」→「条件付き書式」→「ルールの管理」と進みます。

「条件付き書式ルールの管理」ダイアログが開いたら、「新規ルール」ボタンをクリックします。

「新しいルール」ダイアログが開いたら、下記の設定を行います。

ルールの種類「数式を使用して、書式設定するセルを決定」

数式「ISTEXT($A$2)」

なお、数式の仕様及び色の設定方法については前例をご確認ください。

OKボタンを押すと、「条件付き書式ルールの管理」ダイアログに表示されます。

ここで、適用先をデフォルトで入っている「=$A$3」から「=$3:$3(今回は3行目全体の色を変えたいとします)」に変更します。

OKボタンを押すと、条件付き書式が確定します。

この状態でセルA2に「hoge」と入力すると色が変わります。

1行全ての色が変わることがポイントです。

 

エクセルにて入力すると別のセル(列全体)の色が変わる仕組みの作成方法

ここでは、あるセルに何かしら入力されると「別の行全体の色が変わる」仕組みの作成方法について解説します。

セルF1を選択し、リボンで「ホーム」→「条件付き書式」→「ルールの管理」と進みます。

「条件付き書式ルールの管理」ダイアログが開いたら、「新規ルール」ボタンをクリックします。

「新しいルール」ダイアログが開いたら、下記の設定を行います。

ルールの種類「数式を使用して、書式設定するセルを決定」

数式「ISTEXT($A$4)」

なお、数式の仕様及び色の設定方法については前例をご確認ください。

OKボタンを押すと、「条件付き書式ルールの管理」ダイアログに表示されます。

ここで、適用先をデフォルトで入っている「=$F$1」から「=$F:$F(今回はF列全体を変更したいため)」に変更します。

OKボタンを押すと、条件付き書式が確定します。

この状態でセルA4に「hoge」と入力すると色が変わります。

1列全ての色が変わることがポイントです。

 

まとめ エクセルにて入力すると別のセルの色が変わる(列・行・複数など)仕組みの作成方法

この記事では「エクセルにて入力すると別のセルの色が変わる(列・行・複数など)仕組みの作成方法」について解説しました。

「見える化」という言葉がありますが、エクセルにおいても異常値あるいは適切ではない値が入力されている場合に色で知らせることができれば、ありがたいのではないでしょうか。

仕組みを理解し、積極活用していきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊