Excel

【Excel】エクセルでの現在時刻のショートカット(秒までも)【今の時間のショートカットキー:windowsとmac】

この記事では「エクセルにて現在時刻(今の時間)を表示させる・解除するのショートカットキー」「秒まで出す方法」について解説していきます)。

これらの処理としては、主に

・windows:【Ctrl】 + 【:(コロン)】

・mac : 【⌘】+ 【:(コロン)】

・秒まで出す場合は書式設定の変更

を使うと良く、実際のサンプルを用いて見ていきましょう。

なお、現在時刻と併せて今日の日付も表示させたい人もおり、こちらでショートカット活用の方法詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

 

エクセルでの現在時刻のショートカットキー【現在の時間のショートカット】

それでは以下のサンプルを用いて、エクセルにてショートカットを使用して現在時刻(今の時間)をセルに表示させる方法について見ていきます。

今回はサンプルシートのB3セルに現在時刻を出力させていきましょう。

まずは、現在時刻を出力したいセルを選択しておきます。今回はB3セルを選びましょう。

上述のよう該当セルを選択した上で

・windows:【Ctrl】 + 【:(コロン)】

・mac : 【⌘】+ 【:(コロン)】

とキーボードを打てばOKです。

この操作だけでショートカットキーを用いた文字に現在時刻を表示する設定が完了です。

現在時刻のショートカットを使用すると、通常の操作よりも効率的に処理できるため、身に着けておくことがおすすめです(^^)/

再度記載しますが

・windows:【Ctrl】 + 【:(コロン)】

・mac : 【⌘】+ 【:(コロン)】

が現在時刻の設定のショートカットキーです。

 

現在時刻を秒まで出すショートカットはあるのか?

なお、ショートカットにて現在時刻の「秒」まで表示させたい人もいるでしょう。

ただ今のところのエクセルの仕様では、書式設定などを予め変更させたとしても、現在時刻の秒は「:00」とすべて0秒扱いになります

そのため、ご自身でマクロを組む、now関数を使うなど、適宜対応していくしかないですね。

今後に期待です(^^)/

現在時刻を解除するショートカットキー【現在の時間を消すショートカット】

今度は、上でかけた現在時刻を消すショートカットキーも確認していきます。

現在時刻を削除する場合には、ショートカットというよりも、単純に【Deleteキー】を押せばOKです。

単純にセルの中身を消しているだけですね。

 

まとめ エクセルでの現在の時間のショートカットキー【現在時刻】

この記事では「エクセルにて現在時刻を設定・解除するショートカット(秒表記も)」について解説しました。

ショートカットキーで現在時刻をかけるには

・windows:【Ctrl】 + 【:(コロン)】

・mac : 【⌘】+ 【:(コロン)】

を活用するといいです。なお、今のところ秒表記は対応していません。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。