Excel

【Excel】エクセルにて時間毎の合計を出す方法【時間別の合計:関数は?】

エクセルにて時間毎の合計を出したい。来店時間の時間帯別に来店客数の合計を出したい。

この記事では、そんなときの対応策を紹介します。

対応策としては、

・SUMIF関数、FLOOR関数

・SUMIFS関数

を使用するといいです。

実際のサンプルを見ていきましょう。

 

なお、足し算・合計に関連する処理を以下でまとめていますので、併せてチェックしてみてくださいね♪

【Excel】エクセルでの足し算・合計に関する処理まとめこの記事では「エクセルでの足し算や合計」に関する処理全般をまとめています。 エクセルでは足し算・合計を使用する場面が非常に多く出て...

 

エクセルにて時間毎の合計を出す方法【AVERAGEIF関数、FLOOR関数使用】

エクセルにて時間ごとの合計を出すには、SUMIF関数、FLOOR関数を組み合わせて使用するといいです。

まず、FLOOR関数を使用して、来店時間の時間帯を計算します。

時間帯を表示したいセル(D4)に=FLOOR(B4,”1:00″)と入力します。

FLOOR関数は、数値を指定した基準値の倍数で一番近い値に切り捨てる関数(今回は10時、11時などの時間帯を計算)であり、

=FLOOR (数値,基準値)

などと入力をしていきます。

例えば、=FLOOR (3,2)とした場合、3を2の倍数で一番近い値に切り捨てる為、2と返されます。=FLOOR (3.2,0.5)とした場合、3.2を0.5の倍数で一番近い値に切り捨てる為、3と返されます。

今回では、

・数値:切り捨てしたい数値(B4)

・基準値:切り捨ての基準値(”1:00″)

としましょう。

FLOOR関数により、1時間単位で切り捨てられた時間で表示することができます。

後はこのセルの右下にカーソルを併せた際に出る十字をドラッグ&ドロップさせて一括処理しましょう。

次に、指定した条件の合計が求められるSUMIF関数を使用して、時間毎の合計を計算します。

時間毎の合計を表示したいセル(G4)に=SUMIF($D$4:$D$17,F4,$C$4:$C$17)と入力します。

SUMIF関数は、

= SUMIF (範囲,条件,合計範囲)

などと入力していきます。

今回では、

範囲:条件に一致するかを調べる範囲(時間帯を表示している範囲D4:D17を選択して絶対参照)

条件:条件の対象となるセル(F4)

合計範囲:合計を求める範囲(来店客数を表示している範囲C4:C17を選択して絶対参照)

としましょう。

ENTERにて時間帯ごとの合計を計算します。

後はこのセルの右下にカーソルを併せた際に出る十字をドラッグ&ドロップさせて一括処理しましょう。

これで、SUMIF関数、FLOOR関数を使用し、時間毎の合計を出す方法が完了です。

 

エクセルにて時間毎の合計を出す方法【SUMIFS関数使用】

別の時間毎の合計を計算する方法としては、SUMIFS関数を使用するといいです。

時間毎の合計を表示したいセル(G4)に=SUMIFS($C$4:$C$17,$B$4:$B$17,”>=”&F4,$B$4:$B$17,”<“&F4+1/24)と入力します。

SUMIFS関数は、複数条件に合う合計を計算できる関数であり

=SUMIFS (合計対象範囲,条件範囲1,条件1,条件範囲2,条件2・・)

などと入力していきます。

今回では、

合計対象範囲:合計を求める範囲(来店客数を表示している範囲C4:C17を選択して絶対参照)

条件範囲1:条件1に一致するかを調べる範囲(来店時間を表示している範囲B4:B17を選択して絶対参照)

条件1:合計を求めるのに使用されるセルを定義する条件(セルF4に入力されている時間“10:00”以降の時間という条件にしたいので、”>=”&F4と入力)

条件範囲2:条件2に一致するかを調べる範囲(来店時間を表示している範囲B4:B17を選択して絶対参照)

条件2:合計を求めるのに使用されるセルを定義する条件(セルF4に入力されている時間より1時間後の時間“11:00”より前の時間という条件にしたいので、”<“&F4+1/24と入力)※

※補足

セルF4のように、9:00 と時刻を表しているセルで1時間後の時間を表示したい場合、

“ +1/24 ” と足し算のように入力することで計算をすることができます。

1時間前の時間を表示したい場合、 “ -1/24 ” と入力することで計算をすることができます。

としましょう。

 

SUMIFS関数を使用する際、条件1、条件2と複数の条件を使用する場合、使用する条件すべてを満たしたセルの合計を求めます。

今回のサンプルであれば、条件1(”10:00”以降の時間)と条件2(11:00”より前の時間)をどちらも満たしたセルの合計を求めます。

後はこのセルの右下にカーソルを併せた際に出る十字をドラッグ&ドロップさせて一括処理しましょう。

これで、SUMIFS関数を使用し、時間毎の合計を出す方法が完了です。

 

【Excel】エクセルでの足し算・合計に関する処理まとめこの記事では「エクセルでの足し算や合計」に関する処理全般をまとめています。 エクセルでは足し算・合計を使用する場面が非常に多く出て...

 

まとめ エクセルにて時間毎の合計を出す方法

この記事では、エクセルにて時間毎の合計の出す方法を紹介しました。

SUMIF関数とFLOOR関数またはSUMIFS関数を使用すれば、時間毎の合計を出すことができます。

エクセルでのさまざまな処理を理解し、業務に役立てていきましょう。



↓エクセル初心者~中級者に最もおすすめの本↓

一連の操作がかなり詳しく学べる一冊

created by Rinker
¥1,584 (2022/09/26 16:47:19時点 Amazon調べ-詳細)